« 日本中を東京に!? | トップページ | 人間はあらゆることに慣れうる動物である »

ソ連が遺した芸術

21名前: 読書くん ◆syB2oUkKNs 投稿日: 2006/05/28(日) 22:20:13
まさか大学生活板でソ連国歌の秀逸性を知っている方がおられるとは・・・。
感激の極みとはこのことです。
私は、これまでに多くの国家を聴いてきましたが、やはり、一番好きになった
のは断トツでソ連国歌でした。
その曲がいかに優れているかは、ソ連崩壊後、別のメロディーを国歌として
採用していたロシアが、国民の強い要望で、メロディーだけ旧ソ連国歌に戻した
ことに如実に表れています。
私としては、歌詞も昔の過激なものに戻してほしかったわけですが、そこまで
望むのは贅沢というものでしょう。
 
 
旧ソ連国歌を聞かれたことがあるでしょうか?
国歌好きの間では、今でも高い人気を誇っていて、それは、当のロシア国民にとっても同じだったのか、上のレスで書いたように、一時期は別の国歌を採用していたロシアも、今では旧ソ連国歌のメロディーに戻しています。
歌詞は「人民の旗、ソヴィエトの旗は我らを勝利から勝利へと導く」など、今となっては虚しい文句に過ぎませんが、曲調は、社会主義国家にありがちな軍歌調で、曲としてのカッコよさは認めざるをえません。
国歌以外にも「聖戦」「スラヴィアンカの別れ」「我等は赤き騎兵隊」など、旧ソ連関連の軍歌は名曲揃いですね。昔中学生頃に中古CD屋でたまたま見つけたナクソスのソ連軍歌集を聴いてすっかりソ連軍歌のファンとなってしまったわけですが、今でもこのCDは廃盤にならずに残っているのでしょうか?
店頭に並んでいたら、是非購入して聴いてみてください。

|

« 日本中を東京に!? | トップページ | 人間はあらゆることに慣れうる動物である »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/89196/1978556

この記事へのトラックバック一覧です: ソ連が遺した芸術:

« 日本中を東京に!? | トップページ | 人間はあらゆることに慣れうる動物である »