« 喪男が語る元彼・彼女論 | トップページ | 経済学部新入生の嘆き »

子供服市場の活況を見て思う

子供服に必要以上にお金をかける親が最近は多いと聞きます。これは私には理解に苦しむ現象です。子供は日に日に身体が成長することを考えれば、子供服の寿命は基本一年でしょう。その年に高いブランド服を購入したとしても、また次の年には新しい服を買いなおさないとならないわけです。それが分かっていて、あえて高い服を買う親がいるのですから不思議です。まあ、この辺は価値観の違いなのでしょうから、もちろんそのような親の行動を否定したいわけではありません。ただ一つ言えるのは、私が親になっても、決してそのようなお金の使い方はしないだろうということです。

ところで、そのような高い服を来て子供はどこで遊ぶのでしょう?公園で友達と遊び、泥まみれになってこそ、子供の情操・知性は発達すると思うのですが、まさかブランド服を身にまとって砂場遊びをするわけにはいきますまい。それとも、遊ぶ時はどうでもいい服、でかかる時にはブランド服、と状況に応じて使い分けているのでしょうか?子供をほとんど遊ばせずに、習い事だけで一日を終わらせるような子育てをしていないことを私は祈っています。

|

« 喪男が語る元彼・彼女論 | トップページ | 経済学部新入生の嘆き »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/89196/1514002

この記事へのトラックバック一覧です: 子供服市場の活況を見て思う:

« 喪男が語る元彼・彼女論 | トップページ | 経済学部新入生の嘆き »