« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

名物記者に憧れて

673 名前: 読書くん ◆syB2oUkKNs 投稿日: 2006/06/26(月) 22:57:08
>>669>>670
日本の新聞社(だけではなくどの業界でも?)は、優秀な他社の記者の引き抜きは行っていないのでしょうか?
アメリカでは、人材の移動が非常に活発で、LAタイムズの名声をあげた記者がNYタイムズに引き抜かれる、などの例は枚挙に暇がないと聞かされます。
日本ではあまりその手の話は聞きませんよね?
それ以前に、アメリカとは違い、所謂「名物記者」ですらほとんどお目にかかることはありませんが。
これも日本の悪しき横並び主義の一例なのでしょうか・・・。
 
私の中学生の頃の夢は全国紙の名物新聞記者になることでした。
夢とは願うことではなく叶えること、ともよく言われます。
しかし、人間ある程度の年齢になれば、自分の能力・適性などが分かってきて、それが実現可能かどうかが見えてくるものです。
二十歳を過ぎた凡人が、「私は将来ノーベル賞をとりたい!」などと言っていたら滑稽であるように、誰でも、現実を見つめなければ世の中を生き抜いてはいけないでしょう。
それでは、本題に入ります。
私は今「名物記者」と書きましたが、日本では、国民の誰でもが知っているような名物記者はどの新聞社にもあまりいないような気がしました。
確かに、どの新聞社にも、その社を代表するような記者は何人かいるのでしょう。
ですが、我々が、誰かその中の一人でも名前を挙げられるか、と聞かれたら、非常に心許ないものを感じます。
そもそも、諸外国に比べて、日本の新聞は署名入りの記事の本数が少ないので、記者の名前を読者が目にする機会があまりありません。
それでいて、日本の雇用体系のもとでは、優秀な他社の記者の引き抜きのようなこともやりづらい風潮があるのでしょう(この意見は上のレスを投稿したスレを参考にしています)。
これからは、署名記事をもっと増やし、記者も進んでTV・雑誌などに登場し名前を売り、「名物記者」が次々と登場するようになってほしいと個人的には思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会話力はコミュニケーションの基礎(3)

昨日書いた、会話力の続きです。

私はたまに一人で喫茶店などに赴き勉強をしたり読書をしたりします。

すると、図書館ではないので、当然周りの客はワイワイと楽しそうに会話をしています。

そういう時、聞くつもりはなくても、どうしても気になっていまい、話の内容に耳を傾けてしまったりするものです。

その際に関心するのが、なぜ彼らはああも途切れることなく、ある一つの話題を話し続けられるのか、という点です。

例えば、今話題のワールドカップの話をするのを聞いていても、一時間以上、この話題で、テンポよく会話をしていたりします。

私には信じられない話です。

私がある話題について話をしようとしても、もって5分、下手をすれば30秒も持たずに会話が途切れてしまい、気まずい空気が流れてしまうのが通例です。

何と言いますか、会話を持続させていくコツがよく分からないわけで、それを普通にやってのける方々に対して、私は深い尊敬の念を抱かずにはいられません。

会話力は、生まれながらの能力なのでしょうか、それとも、練習によっていくらでも高めていくことが可能(成人してからでも)な能力なのでしょうか?

私が思うに、先天的な要素が多そうな気はしますが、ある程度までは努力でカバーできる部分もあるのでしょう。

私も、最近は、職場で極力人と会話するように努力してはいますが・・・。

成果が出るかは分かりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会話力はコミュニケーションの基礎(2)

そして、私は、どちらかといえば、会話力に乏しく、コミュ能力障害を抱えている、と言えます。

何と言いますか、会話の仕方というか、進め方が理解できないところがあるのです。

それほど仲のよくない方と話している時に、私が何か発言しても、「それがどうしたの?」というような反応しか返ってこないことが多く、その度に、私は戸惑いを隠せませんでした。

2ちゃんねるなどで、自分の好きなことを、自由に書き込むことに関しては、特に苦労を感じないのですが、現実社会で、相手に何かを話しかけられたりした時には、どのような返答を返せばよいのかが分からないために、そのまま沈黙してしまったりで、相手に不信感を抱かせてしまった過去は一度や二度ではありません。

会話のコツをつかむためには、実際に多くの方と会話をし、失敗経験を積み、それを反省していく以外にはないのかもしれません。

現在のように会話力のないまま社会に出ていくわけにはいきません。

「一時の恥」を恐れずに、大学で、職場で、積極的に自分から話しかけ、できるだけ経験値を積んでいきたいと私は考えています。

| | コメント (2)

「読書」くん?

サイドバーに新しいリストを追加しました。

ブログランキングのリンク(記事内でも一応バナーは貼り続けていきます)と、私のお薦め本紹介です。

「読書くん」などという名前を名乗っていながら、これまで一冊の本も紹介してきませんでした。それには、正直私も疑問を抱いていました。今後はこの欄で沢山面白い本を紹介できたらいいなと思っています。

これからもどうかよろしくお願いします。

(前回の記事の続編はもちろん、明日か明後日には掲載する予定です)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会話力はコミュニケーションの基礎(1)

2chで言う「非リア充」な方々には一体何が欠けているのでしょうか?

もちろん、色々考えられる要素はあるでしょうが、私が思うに、リア充と非リア充を分ける最も重要な要素はコミュニケーション能力だと思います。

ではコミュニケーション能力とはどのような能力を言うのでしょうか?

こちらも一つだけではなく、いくつかの階層があると考えます。

場の空気を察する力、などはかなり高度な部類に属する力であります。

そして、最も下位に属するのは?コミュ能力の土台は何か?

それは、おそらく会話力でありましょう。

会話が成立しなければ、誰とも意思疎通することはできません。

どんな人間関係においても、会話は欠かせないと言えます。

つまり、会話がまともにできない人間は、コミュ能力水準が最低ランクにあるわけです。

(次回に続く)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ぼっちは不利益ばかりではない

最近、連日のように2ちゃんの某スレでブログの文章が晒されている読書くんです。

やはり今日の分も晒されてしまうのでしょうか・・・。

 

最近は専ら、「ぼっち」に関係した内容の文章を書き続けてきました。

そして、それらはどれも、ぼっちのネガティブな面ばかりを取り上げてきました。

物事は何にでも様々な側面があるものです。

ぼっちでも、一から十まで悪いことばかり、というわけでは決してなく、探せば中には、何かよいこと―ぼっちの利点とでも呼べるものが見つかるはずです。

自分を励ます(正当化)するために、それを考えてみることにしました。

さて、ぼっちの大学生活とはどのようなものでしょうか?

朝起きて登校し、午前中の講義を受け、昼は当然一人でご飯を食べ、午後の講義を受け、それが終わったら、さっさと帰るか、図書館に行くなり、街に遊びに行くなりしてから帰宅。

これが私の平日であり、私以外のぼっちの日常でもあると思います。

こう書いてみると、一つのある事実に気付きます。

それは、拘束されている時間帯が最小限だということです。

授業中は誰にとっても平等に時間は過ぎますが、昼食はどうでしょうか?

一人で食べれば10分もすれば食べ終わり、残りの昼休み時間を満喫できます。

しかし、集団で食べればこうはいきません。

会話を交わしながら食べていては30分ぐらいはかかるでしょうし、その後も皆でダラダラしていたらあっという間に昼休みは終わってしまうでしょう。

昼休みですらそうなのですから、放課後に至っては言を待ちません。

そのふんだんに与えられた時間を活用して、資格の勉強をするなり、趣味にいかすなりすれば非常に有益に時間を使うことができると思います。

 

とは言え、これはぼっちになってしまった大学生への慰めの言葉にしか過ぎず、自由な時間を得たことによって失ってしまった代償はあまりにも大きすぎると言えるだろうことは私も自覚してはおります。

ですが、ぼっちはぼっちなりに、最大限時間を有効に活用しようではないか、私はこう言いたいだけなのです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

喪男は勘違いしやすい?

101 名前: 読書くん ◆syB2oUkKNs 投稿日: 2006/06/24(土) 20:51:01
>>97
全くもって同意です。
いわゆる「喪男」さんは、恋愛経験値に乏しいせいか、自分の想いをぶつけることばかりに
専念してしまい、相手を思いやる気持ちを忘れてしまいがちなのですよね。
その結果、自分では普通に好意を示しているつもりでも、相手からみたらストーカーすれすれ、
またはストーカーそのもの、ともなりかねないので注意が必要です。
かく言う私も、女友達いない歴=年齢の喪男であるので、そうなってはならない、と彼らを
他山の石として、今後女性と接点があった際には注意して行動したいと思っています。
 
喪男(喪女も?)は勘違いしやすいものです。
何かやさしい言葉をかけられたり、気のあるような素振りを少し示されるだけで、相手は自分のことが好きなのではないか、と妄想しがちです。
結果、最悪の場合はストーカーのような行動に走ってしまいます。
私は、そうならないよう、用心して行動するようにしたいと思いますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぼっちが受ける不利益について(単位編)

大学には「ぼっち」と呼ばれる人種が生息しています。

「ぼっち」とは、大学に友達・知り合いがほとんどいない、またはいるにしても非常に少ない、関係が希薄、で大体いつも大学ではひとりぼっちで行動する学生を指して使う言葉です。

ぼっち大学生は、様々な面で、大きなデメリットを被っていると言えると思います。

その一例として、単位取得の困難さが挙げられるでしょう。

第一に、ぼっちでは代返を頼むことができません。もちろん授業に出席するのは原則だとしても、たまには諸事情あって、欠席してしまうこともあるでしょう。そういう時に、いわゆる「リア充」な方々は代返という手段によって切り抜けるわけですが、ぼっちは潔く出席点を諦めるしかありません。

第二に、ぼっちは過去問を取得できません。ゼミやサークルに所属していると、親切な先輩が、後輩のために過去問を提供してくれると聞きます(と伝聞の形で書いたのは、無論私がそのような利益を享受した経験がないからです)。教授によっては、毎年同じような問題を出題する方もいるようなので、過去問が手に入るかどうかは、単位取得に大きく関わってくると言えます。それができないぼっちは、すべて自分で勉強しなければならず、非常に不利な状態で試験に臨まなければなりません。

そして、最後に、ぼっちは授業に関する情報が全く入ってこない、という点があります。たとえば、たまたま授業を休んでしまった回に、先生が重要な話をしたとします。来週までにレポートを提出せよ、や、この部分はテストに必ず出る、と言ったような。リア充であれば、そのような情報はすぐに伝わってくるため、特別不利益を被ることはないでしょう。

ですが、ぼっちはそうはいきません。緊急のレポート課題などについても、知るのは次週講義中の課題提出時です。誰も教えてはくれないのですから、そうなるのは当たり前です。

このように、単位取得面においても、ぼっちは大変不利な状況に置かれていると考えざるをえません。

逆に言えば、それは自分を甘やかすことができない、という意味では歓迎すべきことなのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

せめて夢の中ぐらい

798名前: 読書くん ◆syB2oUkKNs 投稿日: 2006/06/22(木) 15:44:57
今日、女性に話しかけたらあからさまに嫌な顔をされて無言で私から離れていく悪夢を見ました。
正夢にならないように祈るしかありません。
 
本当に嫌な夢を見ました。
どういう状況かよく分からなかったのですが、近くにいる女性に普通に話しかけたところ(少々キョドっていたかもしれませんが・・・)あからさまに嫌悪の表情を浮かべ完全無視で私から去っていきました。
過去の失敗経験が私の心の中でトラウマとなっているのでしょうか?
どうも、そうではなさそうです。
なぜなら、私は、中学で男子校に進学して以来、同年代の異性とは、まともに会話をした覚えがないからです。
中高時代は6年間、一切異性との接点はありませんでした。
それでも、男子校に在籍していたからか、それが普通だと思っていたので、そんなに危機感も感じてはいませんでしたし、その環境に慣れてしまっていたのもあって、特に苦痛感はありませんでした。
それに、大学に入れば、恋人は無理でも、異性の友達ぐらいは自然にできるものだと考えていました。
その考えがいかに甘いものであるかを知ったのは大学入学後です。
大学に入ってからある程度の時間は経過しました。しかし、未だに私は大学には女性の知り合いは一人もいません(と言うよりもぼっちなので、男女関係なく大学には知り合いはほぼ皆無という現状)。下手をすると、大学生活、一人の異性ともまともに会話すらすることなく卒業することになりそうな悪寒です。
2ちゃんねるでこのような話をすると、多くの人が「ネタ」だと感じるようです。
ですが、これはネタでも何でもなく真実以外の何者でもありません。
この私にとって当たり前の真実を、多くの人がネタと感じ取ってしまうのは、それだけ2ちゃんがリア充の巣窟と化しているからだ、と見るのは捻くれた見方でしょうか?
リア充の方が2ちゃんを遊び感覚で利用するのはもちろん自由です。
ですが、発言の際には非リア充への配慮を忘れないようにして欲しいと思っています。
リアルがない非リア充には、2ちゃんしかないのです。
2ちゃんこそがリアルなのです、生き甲斐なのです。
それだけは忘れないでいて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅人の定め

私は2ちゃんねるを駆け回る旅人・・・。

 

人の注目を集めるのは苦手だ。

 

空気のように、石ころのように扱われることを期待して、私は今日もレスをつける。

 

同じスレには、あまり長く留まらないようにしている。

 

それは、そこに愛着を抱いてしまったり、溶け込んでしまったりすると、旅立つときにつらくなるからだ。

 

そう決めていたはずなのに・・・、私はあまりにも長く留まりすぎてしまったのかもしれない。

 

別れはつらくても、いつかは旅立たなければならない。

 

それが、旅人の宿命だと思うから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

就活って何すればいいの?

就職板の話題がさっぱり理解できません(泣)。

レスをつけることができるのは、特定の業界や企業とは関係のない雑談系のスレばかり。

このままではいけないと思い、早速、古本屋で就職本を買い込んできました。

就職活動を始めるわけではないので、自己分析や面接の本などは避け、業界地図や就職活動の全体像などについて書かれた本を中心に探しました。

初めて就職本を買ってみて一つ気付いたことがありました。

就職本って毎年新しい版が出版されますよね?

そのため、古くなった版はあまり価値がない(と看做されがち)ので、安売りコーナーなどに回されやすい、という点です。

確かに厳しい就職活動を本当に勝ち抜こうと考えている学生は、常に新しい情報を入手しなければならないのでしょうから、去年以前の本など読んでもあまり意味はないのかもしれませんが、私にとっては違います。

就活ではなく、業界に関する大体の知識を仕入れ、2ちゃんねるでの会話に参加するところに私の目的があるわけです。

そのため、少々情報が古かったとしても、それによって被る害は少ないと言えます(そうは言っても、最新の情報を収集する努力を怠りはしないのは当然ですが)。

それに、一部の特殊な業界を除いては、たかだか数年の間に、業界地図が大きく塗り替えられるような例はあまりないでしょうし、あったとしても、知っていなければならないような大切な情報は日々のニュースの中で得られるものです。

本屋の安売りコーナーは、今後の情報収集に大変重宝しそうな気がしました。

そんなわけで、一ヶ月後の私は「就活の鬼」として、2ちゃんねる「就職」板を駆け回っているかもしれません。

その日を夢見て、今日から就活の勉強を開始したいと思います。

なお、「そんなことするぐらいなら就活しろよw」という批判は、私にとって一番痛い部分なので避けて頂ければ幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「就職」板

私は資格試験組なため、就職活動をするつもりはありません。

一度企業に入社して、働きながらの勉強も考えてはみたのですが、この方法で合格するためには、よほどの努力と才能が要求されそうな気がするので、2~3年ほどは、フリーターになり本気で試験合格を目指したいと思っています。

そんな状態なので、就活に関する知識は皆無です。

周りで就職組の方々が、業界の話などで盛り上がっているのを見ても私は基本蚊帳の外で、特に関心も持ってはいませんでした。

ですが、最近、就活情報に興味を持つようになってきました。

例によってきっかけは2ちゃんねるです。

この前、何気なく「就職」板を訪問してみたら、同世代の大学生が熱く就職について語っていました。

それを見ていたら、私もその話の輪に加わりたいという欲求が湧き上がってきたのです。

(2ちゃんを見て自分の行動を決める、これぞ我々「ぼっち」の典型例だと思います)

と言っても、何も就活を始めることに決めたわけではさらさらなく、情報収集は、本やネットで行い、レスを展開していく考えです。

今現在の私の就活、業界に関する知識は本当にほぼ皆無で、自己分析という用語もよく分からなければ、総合商社が何をやっているかもよく知りません。

こんな私なので、人並みの知識を得るだけでもかなり苦労しそうですが、できる範囲で頑張っていきたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恋愛と就職活動

9 名前: 読書くん ◆syB2oUkKNs 投稿日: 2006/06/19(月) 21:08:44
面接の時に、恋愛経験を尋ねられることがたまにあるようですね。
とは言っても、それは面接官の個人的な好奇心から出たものではなく、学生にコミュ能力が備わっているか、の判断材料の一つとしてからのようですが。
フツメン以上の人間であれば、人並みにコミュ能力があれば、大学卒業時に、いない歴=年齢である可能性は低いような気は確かにします。
 
面接の際に、恋人の有無、過去の恋愛経験などについて質問を受けることがたまにあると聞きます。
その理由は、もちろん、プライバシーに興味があるわけではなく、コミュ能力の有無を判定するためでしょう(ただ一つだけ気になったのは、この質問は男性に対してであればたいして問題がないでしょうが、女性への質問としては、誤解を生む原因にもなりかねないので避けられる傾向にあるのかもしれません)。
今企業が、新入社員に最も求める能力は「コミュニケーション能力」だということです。
就職活動では様々な項目のテストを受けるわけですが、そのほとんどが、その能力を見るために行われる。
例えば、多くの企業が採用している試験項目の一つにグループディスカッションがあります。
これも、学生の議論の巧拙よりも、どちらかといえば、他人の意見に耳を傾けているか、自己主張ばかりで他人への思いやりを欠いてはいないか、というような協調性、つまりはコミュ能力の面に重点を置いて採点がなされるとのことです(もちろん議論そのものも下手なよりは上手い方が点数が高くなるのは言うまでもないでしょうが)。
私は、コミュ能力はかなり低い方です。
それは、大学に入ってからできた友達がほとんどいない点一つとっても明らかです。
そうなると、今のままでは就職に苦労するでしょう。
大学卒業までに、少しでも人と接する機会を増やし、コミュ能力を上げる以外には私は就活で勝利を得る道は残されていないのでしょうか?
それとも、最初から諦めて、人付き合い駄目でもできる業界に就職を決めるか・・・。
しかし、それも消極的な生き方であまり好きではありません。
やはり、駄目もとでやれるだけやってみるしかないのでしょう。

| | コメント (0)

リア充の土日

普段は凄まじいまでの過密具合の大学生活板が土日になると一時的に過疎ります。

土日何もすることがなく暇だからこそネット人口も増えるのではないか、と私などは考えてしまうわけですが、現実にはその逆で、土日は、友達と外出すぐ大学生が多いのかもしれません。

やはり、大学生活板はリア充の集まりだということなのでしょうか・・・。

(リア充とは「リアルで充分な大学生」という意味で、要はサークル、バイトなどで充実したキャンパスライフを送っている方々を指して使う言葉です)

私は、土日は大抵家にいて、本を読んだり、ネットをしたりで一日が終わり、たまに外食や買い物のために外出する日があるぐらいですね。

とにかく暇な分、平日よりはネットを利用する時間が確実に長いわけです。

だから、なぜここまで過疎るのかが分からなかったりします。

リア充な彼らは土日は何をして時間を潰しているのでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カカオ含有率99%チョコレート

最近よく見るチョコレートで「チョコレート効果」という商品があるのをご存知ですか?

普通のチョコレートに比べて、カカオ含有量が非常に多く、70%、99%などの種類があります。

砂糖が控えめな「ビターチョコレート」を食べると分かりますが、カカオ自体には甘さの成分はほとんど含まれていないのですよね?

ビターチョコですら、苦味を感じるというのに、カカオ99%チョコなどは一体どれほどの苦さなのか興味があります。コンビニでこの商品を手に取って裏面を読んでみると「苦いので、何か甘い飲み物などと一緒に食べるとよい」というような意味の注意書きが記されていました。

コーヒーもストレートが好きだというのでなければ、本当にコーヒーが好きなわけではない、と口煩い人は言います。もしかしたら、それはチョコレートにも当てはまるのかもしれません。自称「チョコ好き」な私も、一度はこの99%チョコを試してみなければ、偉そうなことを言っても説得力に欠けてしまうでしょう。

そういうことで、今度試してみたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天才レオナルド・ダ・ヴィンチ

ダ・ヴィンチ・コードってどんな話なんでしょうか?

流行に疎い私は、恥ずかしいことに、未だにその内容を全く知らないのです。

それはともかく、その流行のおかげで、関連グッズが色々と売り出されているようで、某ファッションショップに寄ってみると、ダ・ヴィンチシャツが並んでいるのを発見しました。

モナリザがプリントされたシャツや、ダヴィンチ考案のヘリコプターがプリントされたシャツなど何種類かのシャツが置いてありました。

今思い出してみると、高校生ぐらいの頃は、万能の天才ダ・ヴィンチに憧れていて、当時ファッションには全く興味のなかった私も「もしも、ダ・ヴィンチシャツが売り出されたら必ず買うのに」と思っていたのが、偶然にも今こうして実現したわけで、見た瞬間は嬉しさが込み上げてきました。

それでも、買おうかどうか一瞬迷いはしたものの、結局買いはしませんでした。

理由はいくつかあります。

①Tシャツにしては少々高かった。

②全体的なデザインがいまいち気に入らなかった。

③流行を追っているだけの「にわかダ・ヴィンチファン」だと思われたくなかった(誰も思わない?)

どうせ、ダ・ヴィンチシャツを作るのであれば、ゲバラシャツのように、ダヴィンチの顔をプリントしたシャツを作れば、上手くいけば大ヒット作となり、今後、ダ・ヴィンチがファッション界に欠かせない偉人の一人となることもあるのではないでしょうか?

ダ・ヴィンチファンの一人としては、是非そうなって欲しいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

買い物上手になりたいです

最近、様々な場所で「shop99」を見かけるようになってきました。

これは、言うまでもなく全商品が税抜きで99円で購入できるコンビニエンスストアです。

これまで、100円ショップと言えば、手作りの小物など、100円ショップだけでしか売っていない商品が中心でした。

しかし、shop99は違います。

お菓子・飲料水なども置いていますし、何と生野菜まで棚には並んでいます。

しかも、店舗によっては24時間営業で頑張っています。

並んでいる商品を見てみましょう。

飲料水のコーナーには、「お~い、お茶」「三ツ矢サイダー」「コカコーラ」などの500mlペットボトルが置いてあります。これらは、ここで購入するのが断然お得でしょう。実際私も、飲料水は、このお店が見つかった時には、ここで買うようにしています。

次にお菓子のコーナーに目を投じてみます。

こちらも「ポッキー」「クランキー」など、普通のコンビニにも置いてある有名お菓子がたくさん並んでいます。

お菓子は、すべてが特に安いというわけではなく、お得な商品もあるかと思えば、そうでもない商品もあるので、他店との比較が必要だと思いました。

一つだけ例を挙げると、上記のクランキーはローソンなどでも100円で買えますが、スニッカーズは120円ほどするのでお得感があります。私はスニッカーズを食べたくなった時は、大体いつもここで買っていますね。

他にもお得な商品があれば何か教えてください。

| | コメント (0)

理想のカップルとは?

92名前: 読書くん ◆syB2oUkKNs 投稿日: 2006/06/14(水) 15:52:12
磁石のN極とS極は引き合うものです。
もしもN極とN極、S極とS極を無理にくっつけようとしても、上手くいかないのは言うまでもありません。
何が言いたいのかと言うと、男女関係でも、これは同じではないか、ということです。
このスレの話題に合わせれば、自分も相手も純、もしくはエ○では、磁石と同じく反発してしまうでしょう。
一方が純で他方がエ○、これは、最初付き合う時には、理想的なカップルであると思います。
 
すべての側面についてそうだ、というわけでは決してありませんが、男女間では、お互いに相反する要素を持っていると、強く引かれあう傾向にあるような気がします。
女性が外向的で、男性が内向的な性格を持つカップルなど、なかなか上手くいきそうではないでしょうか?
お互いの欠点を補い合いながら、少しずつ互いの人間性を高めていけるような付き合いこそが理想の恋愛なのだと私は考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初戦敗退!

今日は、当然のことながら、到るところで昨日の試合の話題で盛り上がっていました。

その話に耳を傾けていたら、2ちゃんねるでいう所謂「リア充」な方々は大体誰かと一緒に試合を観戦していたようです。サークルに所属している方はサークルの仲間と、ゼミに所属している方はゼミの仲間と、という風に。

私はといえば、最早言うまでもなく、もちろん自宅にいて、家族と一緒に、観戦しておりました(たまに2ちゃんにも目を通しながら)。

結論から言えば、試合結果はあのように終わってしまったわけですから、一人で観ていた方のほうがショックは少なかったように思います。

人間、熱狂が高まれば高まるほど、失望も大きくなりますから。

埼玉スタジアムなどにわざわざ足を運んだ方は、期待が大きかった分、失意もそれに比例して大きかったのではないでしょうか。

今後の試合予測についてですが、周りの意見を聞いていると悲観的なそれが多いようです。ですが、私はまだ全然諦めてはいなくて、むしろここで負けておいたことは、今後の戦いに有利に作用するのではないかとすら考えています。

それと言うのも、日本は、経験的に逆境に強く、追い詰められれば追い詰められるほど、普段の以上の実力を発揮する傾向にあると思うからです。一言で言えば、戦前の「神風」のようなものを私は信じているのです。

WBCの時のような神風が今回も吹き荒れてくれることを私は切望しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワールドカップ開幕

108名前: 読書くん ◆syB2oUkKNs 投稿日: 06/06/10 20:42

待望のワールドカップがいよいよ開幕した。
私はもちろん我が日本国の世界制覇を確信している
なぜか?
確かに、個々人の選手の技能レベルをヨーロッパ強豪国のそれ比べれば、彼我の間には歴然とした差があるかもしれない。
しかし、日本国には、そんな些細な問題などはものともしない、強烈な勝因が潜んでいるからだ。
それは、今更言うまでもない・・・、偉大なる大和魂だ!
そして、その精神によって生み出される確固たる必勝の信念だ!
ヨーロッパ・南米などの選手の技能レベルが日本よりわずかに高いか何だというのだ?
そんなものは、我が日本国が持つ最大の武器―精神力の前には脆く崩れ去る運命にあるのだ!
正しき道を力強く歩む我等日本国民が有する大精神により、日本国が世の頂点に君臨する日は確実に近づいている。
そしてその瞬間は、全世界が日本精神の無敵性に開眼する記念日でもある。
私はその到来が今から楽しみでならない。

 

最近どこに行ってもワールドカップの話題で持ちきりです。

元々サッカーの好きな方は、日本戦以外の試合もTVでチェックしているようです。

でも、私は「にわか」なので、観るのは基本的に日本戦だけ。

つまり、日本が敗退した時点で、ワールドカップは観なくなってしまうかもしれないので、できれば、日本に決勝戦まで勝ち抜いていってもらい、あわよくば優勝を掴み取って欲しいと思います。

そういうことで、今はオーストラリアに勝てるように応援することにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真性童貞読書くん

325名前: 読書くん ◆syB2oUkKNs 投稿日: 2006/06/06(火) 22:25:04
童貞で思い出しましたが、男性の中には童貞を恥じて、経験済みだという嘘を彼女に対してつく方もおられるようですが正直感心しません。
童貞は本来清く、誇らしいものであるのに、それを全く逆に捉えてしまうとは…。
社会全体が狂ってしまい価値観が倒錯してしまうとこのような状況が生じるのでしょう。
 
2ちゃんねるでも何度か言っているように、私は童貞です。童貞とは言っても、そんじょそこらの童貞とは違い、真性童貞であります。真性童貞とは、性風俗店を含めて、これまで一度も性交渉を経験したことがない人を指して言う言葉です。対して、性風俗の利用経験はあるものの、一般の女性とは性交渉の経験を持たない人を、真性童貞と区別して、素人童貞などと呼ぶようです。
私は、自分の童貞に誇りを持っているからこそ、2ちゃんの様々なスレでこれまで何度も「自分は真性童貞である」と声高らかに主張し続けてきました。
しかし、非常に残念なことに、どうも2ちゃんを見る限りでは、自分の童貞に誇りが持てないで、卑屈になってしまっている方が多く見られるようでした。人によっては、童貞が恥ずかしいから、という私からすると信じられないような理由で性風俗を利用し、童貞を放棄してしまう悲しい例もありました。
なぜ童貞に対して誇りを持てない男性が少なからずいるのでしょうか?
それはおそらく彼らが「女性は童貞が嫌い」というような類の俗説を盲信しているからだと私は考えます。
ですが、恋愛サロン板などで、女性の意見を聞くと、それは明らかに間違いであることに気付きます。
女性も、男性と同じで、付き合った相手が過去に恋愛経験を持っていると多かれ少なかれ気になってしまうようで、「できれば恋人は童貞(いない歴年齢?)がよい」という意見が大勢を占めていました。
我々(真性)童貞は、この結果を忘れずに覚えておき、もっと前向きに生きていこう!と私は声を大にして言いたいと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ツンデレカップル

307名前: 読書くん ◆syB2oUkKNs 投稿日: 2006/06/08(木) 21:22:53
いわゆるツンデレモードというか、普段とのギャップに萌えるのは誰でもあるのかもしれません。
しかし、それでも私は彼女の前で、このスレで書かれているような行動をとれるかと聞かれたら、首を横に振らざるをえません。
いくら相手が恋人であっても、完全に自分を開放することに対する躊躇があるのです。
恋愛面では、これは損な性格なのかもしれません。
 
「彼氏が甘えん坊」スレへのレスです。
恋人の前ならば、誰でも、普段人前ではだせないような弱い面、可愛らしい面などを見せるものなのでしょうか?
私は、自分に仮に恋人ができたとしても、そのような芸当は演じられそうにありません。
母親にですら甘えた態度を取ることができないのに、恋人の前でそれができるとはどうしても思えないのです。
それとも、「甘えん坊」な方々は、恋人の前だけで甘えた態度を取るのでしょうか?
それも何か不思議な感じがするのです。
恋人とはいえ、相手は血の通っていない他人なわけです。それなのに、血の通った家族以上の親密な態度をとるのはどうにも釈然としないものを感じてしまいます。
この辺のことは、実際に恋人ができた後でなければ本当のことは分からないのかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お受験板(?)

お受験板なる板に、先日初めて訪れてみました。

この板は、形式的には高校受験を控えた中学生(とその親)が情報交換を行う板なのでしょうが、実際のところは機能していないような気がしました。

一部のスレに目を通してみたところ、あるスレでは、受験生ではなく、そのスレの高校に通う学生による馴れ合いの場とかしていましたし、またあるスレでは、学歴板住人顔負けの、高校間序列の煽り合いが展開されていました。

そして、一番問題だと私が思ったのは、クラスメートなどの個人への誹謗中傷です。中高生は一般的に「ネチケット」に対する理解が不十分な人が多く、軽い気持ちで、ネット上に「○○ウザい」などといった書き込みをしがちですが、受験板もその例外ではありません。

中学生の中には、真面目に情報収集を行おうと考えてこの板を訪問した受験生も沢山いるはずです。彼らはこの板を見て何と思っているのでしょうか?

| | コメント (0)

チロルショック

帰宅途中によくチロルチョコを買っていたコンビニに今日の帰りに寄ってみたら、種類が少なくなっていました・・・。

スタンダードなミルクチョコを含めて二種類だけに。

以前は五種類以上あって、コンビニに寄る度に毎回全種類買っていたのになぜ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恋愛に妥協は必要?

506 名前: 読書くん ◆syB2oUkKNs  投稿日: 2006/05/07(日) 22:44:57
私などからすると、恋愛感情なしに付き合うカップルがいることは信じられないのですが、付き合ってるうちに、それが惰性になってしまったり、また、相手に情が移ってしまったりして別れられなくなるものなのでしょうか・・・。
しかし、考えてみれば、結婚した夫婦の大半はおそらく、恋愛感情は喪失しながらも関係を続けているのでしょうから、世の中そんなものだと割り切って付き合うのも一案なのかもしれませんね。
 
中高生ぐらいの、特に女性は、自分の本当に好きな(それはつまり理想の異性とあまりずれていないという意味でしょうか)相手とでなければ付き合いたくはない、という信念の持ち主が多くいるようです。
私も、どちらかというとこのタイプの人間なのですが、私の場合は既に20歳を超えてしまい、これ以上理想ばかりを口にしていると、気が付いたらいない歴=30年などということになっていそうです。
それならそれで構わないとは思うのですが、果たしてそうなった時に、自分の選択が間違っていなかった、と自信を持って言えるのでしょうか?
取り返しがつかない年齢になる前に、自分の中で明確な答えをださなければいけないなと日々考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログにコメントを寄せて

学生ブログランキングに登録しているブログに、「読書くん」の名前でコメントを寄せることがあるのですが、そこで一つ気になることがありました。

それは、そのブログの管理人さんが私にコメントを返してくださる際に、「読書くんさん」と丁寧に、さん付けで呼んでくださることです。

私のコテ名には、もうすでに「くん」という敬称が冠せられているいるわけですから、別に「読書くん」とだけ書いてくださればそれで充分なような気もしました。

とは言っても、私も、初対面の相手に向かって「くん」付けで呼ぶのにはやはり抵抗があると思うので、同じ立場に立たされたら「読書くんさん」と書くかもしれません。

でも、私は全く気にしないので、気軽に「読書くん」と呼び捨て(?)にしていただいて全然構いません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

希望を胸に

134名前: 読書くん ◆syB2oUkKNs 投稿日: 2006/06/02(金) 21:56:32
話しかけるのに躊躇するのは結局は他人を恐れているからでしょう。
勇気を出して話しかけて無反応だったらどうしよう、自分が否定されたらどうしようなどとウジウジと悩んでいるいちに、周りに誰もいなくなりぼっちになってしまうのだと思います。
要は、そういう人間は傷付くことを極度に恐れているんですよ。
ですが、人間は傷付くことでしか成長できません。
勇気を持って現実にぶちあたっていこう!
失敗したっていいじゃないか。それが貴方を大きくするんだ。
嫌な奴に会ってしまったっていいじゃないか。次からは相手をせずに放っておけば。
さあ、未来を開く第一歩を高らかに踏み出そう!
 
現実がいかに辛いとしても、心だけは明るく保ちたいものですね。希望さえ失わなければ、人生は生きる価値を失わないはずだと私は信じていますから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

半袖になって(2)

先日、半袖になって腕の部分の筋肉が気になる件について書きましたが、今日もう一つ気になることを見つけました。

それは腕時計です。

私は、多くの学生がしているように(?)携帯電話を時計代わりに使っているため、今は腕時計を持っていないのです。試験時期など、どうしても腕時計が必須になった時は親のそれを借りるようにしています。

別に、腕時計がなくても全く不便を感じはしないのですが、半袖になると腕の部分に何もないと寂しいのと、腕時計をしていないと、時間の管理ができる大人だと看做されないような気もするので、今度暇な時に買いに行こうと思っています。

それでは、どのような時計がよいのでしょうか?

昔、少しだけ腕時計に興味を持ったことがあって、色々ショップを見て回ったり、2chでスレを検索したりしたことがあります。

高いやつから安いやつまで調べてみましたが、不思議なことに、2万円以上する高級時計の中にはあまり欲しいと思う商品はありませんでした。金やらブランドなどには、いまいち心がひかれないのです。

それよりもいいと思ったのは、プーさんなどのキャラ物や、宇宙や飛行機などの絵が描かれていたりする物で、値段にして5千円以下の物ばかりでしたね。

まだまだ私の感性は子供のそれから成熟できていないのかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

携帯電話という名の

ギコナビさんから書き込めなくなってしまいましたね。

公式ページで公開している暫定版をダウンロードする手もありますが、私は正式なバージョンアップを気長に待ちますよ。

ところで、私は、外出している時や、家にいてもネットにつないでいない時には携帯から2chによくカキコしています。通話やメール機能はほとんど使わないので、携帯はほぼ2ch専用機器とかしている感があります。

一ヶ月100万パケット近く使用し、その大半が2ch閲覧・書き込みのため。

それでも、パケット定額制で契約しているので、そんなにたくさんの請求がくることはありません。何せ、通話機能は全くと言ってよいほど使っていなくて、これまで一度として、基本通話使用量を超過したことはありませんから。

欲を言えば、パケット定額の上限額を引き下げてほしいと思いますね。通話料+パケット料金4200円はやや高めなような気がします。

ネットと同じように、これから徐々に低価格になっていき、最終的には通話も定額制が導入されるのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チロル抹茶味(2)

先日チロルチョコ抹茶味を見つけたコンビニに今日また行ってみたところ見つけました>抹茶味。

で、もちろん即購入したわけですが、気になったのはその値段。チロルチョコって普通は20円じゃないですか。それなのに、なぜかこの抹茶味は30円もするのです。

何にお金がかかって値段が10円も上乗せされているのでしょうか?

抹茶味のファンとしては、是非とも、スタンダードな20円という値段に引き下げ、きなこ餅を超えるようなヒット作となってほしいと思いますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チロルチョコ抹茶味

今バイトからの帰り道でコンビニに寄ってチロルチョコを買い、それを食べながら歩いています。

私は、熱狂的なチロルファンで、買う時には、お店に置いてある全種類のチロルを買わずにはいられないわけですが残念なことに、チロルチョコってあんまり種類置いていないんですよね。 今日行ったコンビニでも、定番のミルクチョコを含めて3種類しか置いてありませんでした。 それ以上に残念だったのは、目当ての「抹茶味」がなかったことです。 これは、おそらくは新発売の味で、先週たまたま某コンビニで見つけたので、試しに買って食べてみたところ予想外の大ヒットで、これはもう、見かける度に買わなくてはならない、と思わせるほどでした。

皆さんも何処かで見つけたら食べてみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »