« 2ℓペットボトルのコーラ | トップページ | 社会性とブログ形式との関係 »

愛読書は夏目漱石?

「趣味は何か?」と聞かれたときに読書・音楽鑑賞と答えるのはあまりにも定番になりすぎてしまい、「それは事実上無趣味だと宣言しているようなものだ」と皮肉られたりもします。大学受験の面接などでは特にその傾向が強く、おそらく半数以上の受験者がこういった無難な回答をするのかもしれません。そして、読書に関してさらに突っ込んだ質問で「愛読書は?」と聞かれたら「夏目漱石です」と答えるやり取りも面接官はもう耳が腐るほど経験しているに違いありません。

さて正直に言いますが、私は夏目漱石の作品はこれまでほとんど読んだことがありません。学校で読むよう推奨されたのを含め数作品は読んでいるかもしれませんが、印象にはあまり残っていません。20歳を超えて夏目漱石の作品をあまり読んでいないというと、教養主義的な立場の方々からは白い目で見られてしまうかもしれません。ですが、それでも私はこれまで、かの大文豪の作品を完読しようとは思わずにきました。その理由は単純で、漱石の作品を読んでも全く面白いと思えなかったからです。面白くないという自分の偽らざる素直な感情に従って読まずにきました。

曲がりなりにも「読書好き」を自称するのであれば漱石ぐらいは常識として読んでおくべきではないか、そうした声に私が抵抗してこれたのは、以前も紹介した渡部昇一氏の『知的生活の方法』を読み、氏の読書感に強く共感を抱いていたからでした。氏の読書感は一言で要約すると「勉強のために読む論文や文献はともかく、楽しみのために読む小説は面白いと思えなければならない」というもので、読んでも全く面白いと思えない小説は途中で読むのを放棄していたのだそうです。夏目漱石の作品については、中高時代はもちろん大学時代に読んでも全く面白さが分からなかったためにほとんど読まなかった、しかし、30を過ぎた頃になってやっとその面白さが分かるようになり、そうなってからは漱石の作品の大半は読破してしまったのだとか。

渡部氏曰く、夏目漱石はじめ文豪が残した作品というものは、過去の時代における最も偉大な精神を持った人達が精魂を込めて作り上げたものである。そうした作品を、人生経験が少なく人情の機微を理解する能力の乏しい学生が読んで本当に分かるはずがない。分からないのに無理して読んで「つまらなかった」という記憶だけが下手に残って、本当に作品のよさが分かる時期に読まずに終わってしまうほど大きな損失はない。背伸びもよいがそれはほどほどにしておくべきである。―もう何年も前に読んだ文章なので記憶違いもあるかもしれませんが、上記のような内容が書かれていて、それは今でも強く印象に残っています。氏はそうした読書経歴を持っているからこそ、大学入試(渡部氏は上智大学の元教授現名誉教授)の面接官を担当したときに「愛読書は夏目漱石です」と答える高校生に対して苦笑を禁じえなかったと言います。

この本の影響もあって私は無理に文豪と呼ばれる作家の作品を読破するような「修行」は避けてきたわけですが、しかし、もう年齢的にもよい年頃で以前よりは人生経験や、社会や人間に対する理解も増しているはずなので、漱石の作品のいくつかは楽しんで読めるようになっているかもしれません。『文鳥』を立ち読みしてみたときには、相変わらずその世界観が全く理解できませんでした。しかし、『坊ちゃん』や『我輩は猫である』のように、児童文学の出版社からも出されているような作品であれば、楽しみながら最後まで読み通せるような気もします。こうした作品を中心にして、漱石の作品のいくつかを読んでいきたいところです。

↑いつもありがとうございます。応援してくださると嬉しく思います。

名著とは繰り返し読み返されるだけの価値があるもの。そのときの人生経験のレベルによって作品から何を読み取るかは変わってきます。くれぐれも過去に一度読んだからという理由で手に取るのを拒絶しないようにしたいですね。

|

« 2ℓペットボトルのコーラ | トップページ | 社会性とブログ形式との関係 »

「読書」カテゴリの記事

コメント

> 20歳を超えて夏目漱石の作品をあまり読んでいないというと、教養主義的な立場の方々からは白い目で見られてしまうかもしれません。

まさか(笑)

教養があるというのは、数ある名著を片っ端から読んだことがあるということとイコールでしょうか?否。

それらのうちのほんの数冊でも、人生経験を積んで人情の機微まで読み取っていれば、充分教養があると言えると思いますよ。

投稿: せん | 2008年8月29日 (金) 01時25分

教養と言うか、数ある名著を読むことは目を養うという意味で良いと思います。

趣味なんだから、自分が楽しめればそれで十分だと思います。

投稿: 山猫大地 | 2008年8月29日 (金) 13時19分

>orifさん
坊ちゃんは多くの児童文学出版社から出ているぐらいですから漱石の中では最も読みやすい部類に入るんでしょうね。まずはこの辺から読み始めるのがよさそう。
趣味は人によって異なるものなので難しいところです。特に音楽・映画・本は興味がないと全く楽しめませんし。私はとりあえず興味持ってみようと努めはしますが…。

>せんさん
大切なのは何冊本を読んだかではなくて、読んだ本から何を読み取ったか、にあるはずなんです、本当は。その一番重要な点を忘れないように気をつけなければなりませんね。
そしてたとえ「読破」しても分からない本は分からないと正直に言える人間でありたい。

>山猫さん
時間という濾過器を通ってきた古典作品はそれだけの価値があるはずであって、読もうという努力はして損はないと思います。ただ、無理して字面を追い続ける必要はないというだけで。小説は楽しんで読むのが一番です。

投稿: 読書くん | 2008年9月 1日 (月) 01時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2ℓペットボトルのコーラ | トップページ | 社会性とブログ形式との関係 »