« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

週末の新橋飲み屋街を歩いて

昨日から明日まで私が通っている大学では学園祭が開かれているようで。うちの大学は変わっていて、年に二回も学園祭が開かれ、一回目は毎年この時期に開かれています。

そして私はと言えば、当然出店などの予定は全くなく、昨日も夕方から都内の方にバイトに出向いていたわけです。

バイトが終わった後、週末なのもあって直接は帰らずに新橋に寄って仕事帰りのリーマンで賑わう街の中を歩きながら、社会人生活に対して思いをはせたりしながらラーメンを食べてその後とぼとぼと帰途についたのでした。

中高時代、誰でも一度は口にしたであろうセリフ―サラリーマンにだけは決してならない―そんな生意気な発言を口にし合っていた同級生も、大半が今となっては立派なサラリーマン。年齢とともに、徐々に現実を受け入れ、自分の人生を安定させていくのがレールに則った堅実な生き方であって、誰もが現実と折り合いをつけながらそうして生きていくのだなというのを実感させられる今日この頃です。

リーマンにだけはなりたくない。こんなセリフはまさに、現実を知らずに夢だけで生きてもリスクの少ない中高生だからこそ口にできるもので、歳を重ねれば重ねるほど、これがいかに贅沢な発言であるかを思い知らされるようになってきます。

リーマンつまり正社員になれるのは多くの場合幸運なことであって、世の多くの大人は、なかなか定職につけずに苦労しているわけです。彼らの前でそんな発言をしたら、それこそ横っ面を張り飛ばされるかもしれません。

新橋の飲み屋街で、仕事のストレスを忘れようと無理にでも大笑いしようとしているリーマンの姿には人生の悲哀すら感じます。ですが、定職につき、嫌なことがどれだけあろうとも挫けず仕事を続け家族を養い続けるリーマンの姿には頭が下がります。私は今もって現実を受け入れられていないところがありますが、少しずつでも社会に適応し、理想に近いライフプランを築いていきたいところです。

↑ランキング参加しています。宜しくお願いします。

| | コメント (4)

ハイリスクハイリターンの原則は人生にも

投資の原則はリスクとリターンの均等性だと言われます。大きなリターンを得ようと思えばそれだけのリスクをとらなければならないし、大きなリスクをとりたくないのであれば、リターンもそこそこの程度で我慢しなければならない。ハイリスクハイリターンかローリスクローリターンであって、ローリスクハイリターンの投資話などがあれば、それはほとんどの場合眉唾物の類だと言ってよいでしょう(インサイダー情報を仕入れているなど、一部の人しか有利な情報や戦略に気付いていない場合はそのようなケースもあるには違いありませんが)。

それと同じことが人生に対しても言えるように思えます。大きな成功を収めたり、自分の好きなことをやって生きていこうと思えば、やはりそれだけの対価は支払わなければならない。例えば、お笑いが好きでお笑い芸人として生きていこうと思えば、最低でも30ぐらいまでは下積み時代を覚悟しなければならないでしょうし、いつまで経っても才能が開花せずに終わってしまうのもまれでありません。むしろそういう「失敗例」の方が大半ではないでしょうか。そして、悲しいことに、30、40になったときに夢を諦めて所謂普通の社会人になろうとしても、職歴無しではなかなか企業も雇ってはくれないのではないでしょうか。こうしたリスクは芸人だけではなくスポーツ選手や画家、小説家、漫画家など特殊な道を志す全ての人が負わなければならないものです。

またここまで極端な例でなくても、我々の日々の生活においても、やはり何事かを成し遂げようと思えば、その目標の大きさに伴ったリスクを負わなければならないのでしょう。パーティーで見知らぬ人に話しかけるという些細な行為であっても、相手に拒まれてしまうかもしれないというリスクを抜きにしては考えられません。もっと大きな目標を掲げれば、当然ながらそれに応じたリスク―社会的信用や地位を失ってしまってしまったりなど―は覚悟しなければなりません。時には心に深い傷を残し打ちのめされてしまうこともあるでしょう。

こうした事実を再確認すると、凡庸な感想ではありますが、世の中は上手くできているなと改めて思います。失敗やリスクを負わない唯一の生き方は、何も目標を持たず何も達成しようとはしない人生。挑戦しないのですから失敗もありはしません。ですが、そんな人生では充実感を得るのは難しいでしょう。挑戦にはリスクがつきものだと割り切り、様々な物事に果敢に取り組んでいきたいところです。最悪それで「失敗」してしまったとしても、幸いなことに、人間は成功よりも失敗からより多くの教訓を学んでいけるもの。そういう意味では世の中の多くの「失敗」は実は「成功の種」ですらあるのかもしれません。リスクを恐れず挑戦的な人生を送りたいものですね。

↑ランキング参加しています。宜しくお願いします。

| | コメント (4)

短期決戦は必勝の秘訣

38 名前: 読書くん ◆GWzFzf5z/g 投稿日: 2009/05/15(金)
恋愛心理から言えば、短期決戦型の戦略は非常に理にかなっていると言えますよ。
あまりにデート回数を重ねすぎるとお互い仲がよすぎるようになってしまい、異性の友達のような感覚になってしまい、その居心地のいい関係を崩したくないという心理が働くために、恋人関係に発展させるのが難しくなります。
3回目のデートで告白するのが世間一般の慣わしのように言われるのもそれなりの理由があるものなのです。
孫子が戦争について述べているのと同じように恋愛においても「短期決戦」は勝敗を分ける重要な要素だと考えられます。
 
 
 
恋は短期決戦などという歌詞が昔あったような気がします。恋愛系のスレや本で情報を集めた限りでは、これは合理的な戦略であるようで、友達のような関係が長引けば長引くほど、恋人関係になるのが難しくなる傾向があるのだそうです。
ですが、これはあくまで一般的な話であって、もちろんそれに該当しないケースもあるでしょう。ずっと異性の友達関係として過ごしてきて、関係が深まった頃に、そこから一歩踏み出して恋人関係に移行するというのもしばしば聞かされるパターンです。こういう熟しに熟した関係の方が、過度に熱していない分関係が長続きするものなのかもしれません。
恋愛に完全なマニュアルは存在しないもの。その人のタイプや価値観によって、どういう「戦略」が有効かは変わってくるもので、これが正解だといえるような回答は得られないものでしょう。それでも、より多数派に当てはまる方針があるもので、短期決戦戦略はその一つだと言ってよさそうです。「初デートから3ヶ月以内に告白するのが、告白の成功率を高める秘訣」などという意味のレスを2chでもよく目にしました。
だた、残念なのは、私自身の経験からは何事も語ることができないという点です。全ては人から聞いたり読んだりした話を鵜呑みにしているだけで、自分で全く実感がわいてこないのでは説得力に欠けるのも無理はありません。人生幅広く色々と経験し知見を深めたいものですね。
↑ランキング参加しています。宜しくお願いします。

| | コメント (5)

千里の道も

一歩から。

最近、やたらと企業会計や財務の面白さに気付き、会計・金融系の本を読む機会が増えたので、趣味半分で簿記の勉強を本格的に再開し始めました。

とりあえず来月3級のテスト受けます。

そして今年中に2級は取りたいところ。

2級まででも持っていれば、社会人になってから資格手当てがついたり、財務書類の基礎的な部分が理解できたりと、決して損にはなりませんからね。

仮に、そうした実利的なメリットがそれほど期待できなかったとしても、日経新聞の企業情報で理解できる記事が増え、日々のニュースがより楽しめるようにはなるかもしれません。

別に今から税理士・会計士の資格取ってやろうと野望抱いているわけでもないので、あまり実益にこだわらず、楽しみながら勉強していくのが一番だと思っています。

↑ランキング参加しています。宜しくお願いします。

| | コメント (5)

カップルの「出会い」について思う

「出会いがない」という嘆きをしばしば耳にします。普段異性があまりいない環境のコミュニティの中で生活している人々、例えば男子校やら女子高、理系学科に通う大学生などからそうした声が聞こえてくるのが普通です。

ネットの書き込みをみている限りでは、それなりの人々がどこかに出会いを求めているようで、それを目的として様々な活動―バイト、サークル、ボランティア―に参加しているケースすら多々あるようでした。そして、彼らはその中で気のあう異性を見つけ、恋愛するなり、その後結婚に発展していったりするに違いありません。

そういう場で恋人を見つける人もいれば、その他ありがちな出会い方として「友達の紹介」というものもあり、友達からいい異性を紹介してもらって何回かのデートを経た後に付き合いを始めるのだと聞いています。

しかし、私がいつもながら気になってしまうのは、恋愛におけるこの最初の「出会い」というものが、そのように、ほとんどの場合あまりにも限られたコミュニティの中で起こっているという点なのです。確かに、世の中星の数ほどの異性がいるとはいえ、その中で実際知り合える人の数は極めて限られてはいます。ですが、たまたま何かの偶然で会った一人の異性と、「恋人」という深い人間関係が要求される間柄になれるものなのかという疑問がどうしてもわいてきてしまうのです。特に友達の紹介などとなると、それまで自分が一度も話したことがない異性と、一応は交際を前提としてデートをするわけで、よくそのような狭い人間関係の中で恋愛関係を構築していけるものだと感心してしまいます。

私などは、世間一般から見て趣味も生活スタイルも偏っているいるわけで、まず素の自分を出して引かれない相手を探すだけで至難の業だと考えていますので、そういう一般的な形での出会いにはあまり期待できなそうです。そもそも、2chの話題を受け入れてくれるほどに寛容な女性がどれだけの割合でいるでしょうか。

まあ私のことはともかくとして、限られた狭いコミュニティの中でたまたま一緒になった異性と円満な関係を築いていけるというのはコミュ力のなせる業であり、それはまさにリア充的な恋愛技術であるのかもしれません。お互いの趣味や価値観の違いに理解を示しあいながら、もっと根本的な部分で恋愛関係を深めていく、それが大人の恋愛観というものなのでしょうか。今の私にはどうにも理解しがたいところです。

↑ランキング参加しています。宜しくお願いします。

| | コメント (2)

侮れない駄菓子チョコ

お菓子スレといえば大生板の定番スレの一つとなりつつあり、いつ来ても板上にその姿が見られるようになってきました。

そこでよく紹介され板住人に好評なチョコレート菓子に「ブラックサンダー」(定価30円)があります。

コンビニに行くとよく置いてあるので、目にしたことのある方も多いだろうと思います。

私は、スレでその存在を初めて知ったくちですが、試しに買って食べてみて、その美味しさに感動し、すっかりお気に入り菓子に。帰宅途中によく買って食べてから帰っています。

このお菓子、てっきり最近発売されたものなのかと思っていたら、この前とあるお店でブラックサンダー復刻版パッケージが置いてあるのを見て、もう15年も前からあるのだと知りました。公式サイトによれば、当初は全然売れずに、長い低迷期間を経て2000年頃から徐々に売れ始めるようになりやがて爆発的にヒットし、今のようにどこのコンビニにも置かれるようになったのだそうです。

包みのデザインや「若い女性に大ヒット中!」の商品コピーが最初胡散臭さを感じさせてしまいますが、慣れるとそれも含めてこの駄菓子の魅力だと分かるようになってきます。

そんなわけでブラックサンダーおすすめ。

↑ランキング参加しています。宜しくお願いします。

| | コメント (2)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »