« 簿記3級受けてきた | トップページ | ビッグサンダー »

『1Q84』と本家『1984』

とある人気作家の『1Q84』というタイトルの新刊本がバカ売れしています。一体何部売れているのかは私の知るところではありませんが、ちょっと本屋に立ち寄るだけでも、いかにこの本が売れに売れているかは一目瞭然です。どの本屋でも、上巻は売り切れ入荷待ちで、予約を受け付けている状況でした(少なくとも10日ほど前までは)。出版不況が叫ばれる中で、現代小説がこれほどの活況を呈するとはまさに異常事態で、さすがは海外でも注目されている人気作家だと脱帽させられます。

私は氏の作品は読んだことがないし、今のところはそれほど読みたいとも思ったことはないのですが、私は今回のこの作品の出版を最初に知ったときに、そのタイトルに強く惹かれるところがあり、ずっと作品名が脳裏から離れないでいました。と言うのも、知っている方はすぐに気付いたでしょうが、このタイトルには明らかな「元ネタ」が存在するのです。―ジョージ・オーウェル『1984』。この作品は、ビッグブラザーなる決して人前に姿を現さない気味の悪い独裁者が支配する全体主義国家を描いたもので、執筆当時(1948年)から見た最悪の未来予想図を想定してみせた一種の社会風刺作品であったと言えるでしょう。当時はまだソ連国が健在で、世界がいつか全体主義体制によって分割支配される悪夢の日がやってくるかもしれないという恐怖心は西側諸国の多くの人々が共有していたわけです。

この作品、角川かどこかから翻訳本が出てはいて、私も持ってはいますが、あまり読みやすいものではなかったような記憶があります(もしかしたら今読み返せばすらすら読めるかもしれませんが)。それはそもそも、扱っている内容が思想的政治的なために、原典自体が読みにくいものである可能性は大いにあります。そこのところは私にはよく分かりませんが、何れにしても、嬉しいニュースを2ch読書スレを読んでいて発見してしまいました。この本家『1984』の新訳本がそろそろ出版されるというのです。カラマーゾフのヒット以来、世は名作古典の新訳ラッシュ。その中で、数多くの達意の名訳が生み出され、古典好きの私としてはまさに欣喜雀躍の日々が続いてきました。

『1984』の新訳が今から楽しみなのと、この社会現象とも言える大ヒットに乗っかって、こちらの本家本元を2chなどで大々的に宣伝していきたいと思う今日この頃です。カラマーゾフほど注目されなくてもよいので、海外作品のトップテンに入るぐらいには本家本の方も注目されてほしいところ。

↑ランキング参加しています。宜しくお願いします。

|

« 簿記3級受けてきた | トップページ | ビッグサンダー »

「読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 簿記3級受けてきた | トップページ | ビッグサンダー »