« 院生でも理系と文系では | トップページ | 最近歳とったと思う瞬間 »

「遅く起きた朝は…」が十分早起きな件

今日は休みであるにも関わらず、朝9時になんとか目覚めることができました。

予定がない土日だと昼頃まで寝ているのが普通である現状を思えば、これでも十分早く起きた方なのです。

土曜は夜の12時頃に寝たら、起きたのは昼の12時でちょうど半日ほど熟睡してしまっていました。

それも、目覚ましでかろうじて起きたというのが本当のところで、それがなければもっと寝続けていたかもしれません。

おそらく平日の疲れがたまっていたのでしょう。と言うのも、最近は最低でも平日は8~9時に起きるように心がけていて、平均睡眠時間が5~7時間と自分の中ではかなりの短時間睡眠が続いていましたから。

私はロングスリーパーな傾向があるのか目覚ましをかけないでいると平気で12時間ぐらい眠り続けていたりします。なので、睡眠時間5時間程度ですと、次の日の眠気具合が半端ない…。

しかし、社会人になるためにはそれでは駄目なので、何とかして睡眠時間を世間的な平均時間に矯正すべく目下挑戦を続けています。

睡眠時間以上にキツイのが夜寝て朝目を覚ますこと。

昼夜逆転生活が長かったのもあって、朝(と言ってもそれほど早くはない)に起きるとその日一日あまり気分が優れないという体たらくです。

社会人になれば、毎朝7時には起きないと出社できないというのですからそれを思うと今から憂鬱にもなってきますが、社会人として生きていくためにはどうしても朝型生活に直さないわけにはいきません。夜寝て朝起きる生活が普通になって、なおかつそれを苦と感じないような日々が送れるように早く身体を慣らしていきたいものです。

↑ランキング参加しています。よろしくお願いします。

|

« 院生でも理系と文系では | トップページ | 最近歳とったと思う瞬間 »

「就職」カテゴリの記事

コメント

甘えんなカス

投稿: | 2009年8月 2日 (日) 23時39分

どこが甘えてるんだ?

投稿: GEN-KEY | 2009年8月 3日 (月) 16時44分

ロングスリーパーというよりは、ネットのやりすぎというバカな生活のために眠りが浅いというのが正しい。

投稿: | 2009年8月 3日 (月) 22時08分

社会人になれば不思議と7時に目が覚めるから安心して昼まで寝てていいんじゃない?

残りわずかな自由な時間を思う存分楽しんでください。

投稿: 仕事なんてクソ | 2009年8月 3日 (月) 23時29分

書いときながら、おまえ社会人になる気ないだろw
ないならないでそう言えばいいのに

投稿: | 2009年8月 4日 (火) 01時40分

>名無しさん
甘えを克服しなければならないという内容ですよ。

>名無しさん
ネットのない小中学生の頃からずっと睡眠時間が長かったのでそうとばかりも言えないように思えます。
ただ、ネットと不眠症との関係は色々言われていて、寝る直前はできるだけ控えるようにしたほうがいいとも聞きますが。

>仕事なんてクソさん
社会人になった方は皆口を揃えてそのように言っておられるので、私も少し楽観しています。
まあ、同級生が皆朝ちゃんと起きて会社行ってるのを思うと、昼までだらだら寝ているのも気が惹けまして、極力朝起きるよう努めるつもりでいます。

>名無しさん
なる気があるかないかではなくて、この社会ではどうしてもならなくてはいけないという現実が問題なのでしてw
現実を受け入れるのは難しいですが、徐々に適応させていこうと思いますよ。

投稿: 読書くん | 2009年8月 4日 (火) 18時59分

年を取るにつれて、睡眠時間も短くなっていくので、中年になれば、睡眠時間がちょうど適正と言われる7時間くらいに落ち着くのではないでしょうか?

私も会社勤め当初は、睡眠時間の確保に悩まされました。特に、遅出(21時退社)の次の日が早出(9時出社)の時はかなりきつかったです… 自由時間が、12時間しか無いわけですから。今は特に何とも感じませんね。

投稿: 禁欲マン | 2009年8月 5日 (水) 08時14分

>禁欲さん
長時間寝られるのも若さの特権などと歳をとった方がよく言っているのを聞きますね。睡眠時間が長すぎると休みの日などは何もできなくなってしまうので、早く7時間睡眠に落ち着けるようになりたいです。

それでも十分きついと思いますが、人によっては終電で帰って、次の日また朝行くリーマンもいるのですから驚かされます。出勤時間考えると、帰宅してすぐ寝ても、睡眠時間が不足してしまうでしょうに。
何にしても、そういう生活を続けていると身体が慣れてくるものなのでしょうか・・・。

>orifさん
私も寝つきが悪いのでよく分かります。
何時に蒲団に入っても、眠れないときは朝方まで眠れなかったりと。
せめて、普通に起きて寝る生活を送れるようになれば、多くの非リアの人生もだいぶ好転するような気がしますよ。

投稿: 読書くん | 2009年8月 7日 (金) 01時35分

寝つきが悪いっつうけど働くと労働時間の多さとその疲労から、家に帰って横になるとすぐに寝れるようになるよ
暇をもてあましてる人ならではのコメントだね

投稿: | 2009年8月 9日 (日) 22時24分

それはあるのかもしれません。
特に外回りだったりするとクタクタになって帰宅し寝る以外の何らかの行動をとる気力もないという状態に追い込まれたりもするのでしょう。
そう思うと働きだしてからの不眠の悩みは今から心配するには及ばないのかもしれませんね。

投稿: 読書くん | 2009年8月15日 (土) 14時07分

初めまして?(お久しぶり?)


自分は一度就職して失敗し、無職をやりました
大学以上の暇さで眠れませんでした
今現場で汗だくになって仕事しておりますが、本当によく眠れます
高校時代のバイトの延長で配達やってます
お酒は缶ビールや焼酎、ウィスキーをガブガブ飲んで寝てしまいます


そして、仕事と休みの切り替えが出来ているから本当に休みの大切さを大事に思い、遊びまわります
仕事の日は食事代とタバコ代くらいしか使いませんが、休みの日は一度に5千円から8千円、普通に出してしまいます。きっと稼ぐ人はそれ以上に出すのだろうと思います
それだけの仕事をしているので、何を後悔するのだろうか?と思います


大学時代、あまり眠れませんでした
眠ろう眠ろうと思うあまり、焦ってばかりでした

眠れないのでしたらパソコンは切って、読書をなされたらいかがでしょうか?
普段自分が絶対読まない本を選ぶのも手だと思います
せっかく、読書君という名前なのですから

投稿: じょにそ | 2009年8月16日 (日) 22時55分

予定がなさすぎて暇になるとどうしても生活のリズムも崩れがちになってしまうものですね。
一生懸命仕事をして、夜は疲れで自然に眠れるというのが人間としての健全な姿であるのかもしれません。働いているからこそ、たまの休みがありがたく感じるというのもあって、いつも暇だと、自由な時間のありがたみに気付けなかったりする…。

本読んでると、なぜか夕方から夜9時頃にかけて異常なほど強い眠気に襲われるのですよ。そして、12時過ぎると目が覚めてしまうという睡眠リズム障害。もういっそ、夜9時に眠る生活に切り替えようかとも思っているところです。

投稿: 読書くん | 2009年8月19日 (水) 01時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 院生でも理系と文系では | トップページ | 最近歳とったと思う瞬間 »