« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

起業というベンチャー(冒険)

先日、ホリエモンが現ライブドア社に208億もの損害賠償金を支払うことで両者の間に和解が成立したとの報道がありました。

確かに当時の堀江社長は、歯に衣着せぬ発言というよりも、無駄に世間を挑発する不用意な発言で人々の反感を買い、それが没落へ繋がった一因であったことを思うと、有名社長としてはあまり処世術には長けていなかったと言えるかもしれません。

しかし、一つ確実に言えるのは、少なくとも経営手腕に関しては天才的な才能の持ち主であったということ。

その価値観や世界観には私も疑問に思う部分が多々ありますが、類稀な経営センスにはただただ感嘆させられます。

そんなわけで、ブックオフの100円コーナーによく並んでいる堀江氏の昔の著書(のいくつか)は今読んでも決して損はないと思います。

起業を考えている人には特に読んで得るものが多く含まれているのではないでしょうか。

私は、この手の創業社長が著した成功物語系の本を読むのが好きでこれまでそれなりの数を読んできましたが、読むたびに漠然とした起業への憧れのような思いがわき出てくるのを感じています。

もちろんそれは単なる憧れであって、実際に行動に移そうなどと考えたことは一度もないのも言っておかなければなりません。

というよりも、短期間で上場を成し遂げたようないわゆるカリスマ的な社長たちは、もう能力が桁違いであって、真似しようと思ってもとても真似できるようなレベルにはないと分かって萎縮してしまうというのが本当のところです。

大体彼らはバイトで働いている時点ですでに頭角をあらわして、多くの仕事を任せられるようになり、将来への地歩を固めていく。

仕事が人並み以上にできるのは前提条件であって、それ以外の要素でも、人がついてくるような不思議な人間的魅力がなければならないし、組織を維持発展させていくための管理能力も不可欠となってきます。

まあ言ってみればベンチャー企業のカリスマ社長はまさに多才なスーパーマンで、地道な努力だけでは超えられない壁があるように思えてなりません。

しかし、ホリエモンも言うように、日本に中小企業は200万ほどあるとも言うし、その皆が皆天才的な才能の持ち主というわけでは決してないでしょう。

上場だの支店だのと欲張らなければ、小さい会社を自分なりの手腕で経営していくことは努力だけでも不可能というわけでないのでしょう。

それでも、毎年9万もの企業が新しく設立される中でその9割近くが5年も持たずに解散に追い込まれる現実を考えれば、それですらそれなりの運と実力が要求されるのは間違いありません。

凡人にとっては、起業は極めてリスクの高い賭けだというのは言えそうですね。

そういう冒険的な生き方をしている人を見るのは私は嫌いではありませんが。

まあ私の場合は、「搾取」されても、企業にぶらさがりながら生き抜いていくしかなさそうです。

(それ以前にぶらさがるための紐に手が届くかどうかの瀬戸際という…。)

↑ランキング参加しています。よろしくお願いします。

| | コメント (2)

明日は「仕事納め」

明日が今年最後のバイト出勤でそれが終われば一応の「仕事納め」となります。

もちろん正社員のように平日毎日会社に通っているわけではないので、仕事納めとは言っても、あまり実感がわかないのが正直なところではあります。

正社員になれば「今年一年よく頑張ったものだ」という充実感に支配されるものなのでしょうか。

それはともかく、私も普段は平日も週1、2回はシフトを入れるようにしていて、平日に一度も仕事に行かないのは久々のことです。

せっかくの自由な時間に満ちた年末年始でもあるわけで、普段とは少し違った行動に挑戦してみたいところ。

年末年始は“普通の”大学生は飲み会の予定で埋め尽くされているものなのかもしれませんが、私は今のところ1日たりとも予定らしい予定は入っていません(おそらく大晦日は高校時代の友達と遊びに行くでしょうが)。

ですが、家に引きこもって年末年始を過ごすのも不健全な気がしますので、月曜からは毎日どこかしらに外出するよう心がけるつもりでいます。

念のため飲み会費として積み立てておいた2万円ほどの予算を少なくとも半分以下に圧縮できた記念に、一人で多少贅沢な夕飯でも食べてみましょうか・・・。

↑ランキング参加しています。よろしくお願いします。

(続報)前回の記事で紹介したスーザン・ボイルさんが特別ゲストとして紅白へ出場することが決まったようです。今から楽しみでなりません。

| | コメント (3)

彼女の人生を一変させた3分間

スーザン・ボイルさんのデビューアルバムが爆発的なヒットを記録しているようです。

オリコン初登場5位で、この記録は女性ソロ歌手としては初めての快挙であるのだとか。

それまで慎ましく、一人身で猫と一緒に暮らしていた普通のおばさんが、一日にして世界的な歌手へと大変身。

これこそ現代版シンデレラストーリーと言っても言いすぎではありません。

この前ヤフーニュースを見ていたら、今年最も再生されたyoutubeの動画はぶっちぎりで、この伝説を生む元になった例の番組の動画であり、累計3億ビューを数えたとありました。

ワイドショーやバラエティーでも何度も話題になりましたので、おそらくほとんどの方が観たとは思いますが念のため日本語訳つき動画を貼っておきます→「歌は心

私もこの動画をようつべとニコニコで合わせて何十回も繰り返し見てきました。

そして、何度見ても深く感動し、涙が溢れそうになるし、実際に泣いてしまったことも一度や二度ではありません。

歌唱力もさることながら、この曲の歌詞が、まさにそれまでの彼女の人生そのものを表しているようでもあり、それだけ歌に彼女の気持ちが込められているのが分かり、心を大きく揺さぶられます。

それにしても、これほど天性の歌声の持ち主がこれまでプロになれず埋もれていたとは。

世の中、どんな才能がどこに隠れているか分かったものではありません。

天才的な才能が世の中に認められずにそのまま終わってしまうのが、本人にとっても社会にとっても一番悲しいことではありますね。

そうならないためにも、どんな分野であっても、挑戦者が常にチャンスを与えられるような舞台を作り、才能の発掘に熱心に取り組む社会であってほしいものです。

↑ランキング参加しています。よろしくお願いします。

コメント遅くなってすみません。明日必ず返します。

| | コメント (2)

「オレはやるぜ」

「何かを」

別に私は「他人を見下す若者」ではありませんが、こうした思いだけは常に持っているのは事実です。

せっかく生まれてきたからには、何事かを成し遂げてから人生を去りたい、それは、若者ならば誰しも一度は考えることではないでしょうか。

そして、多くの人は、忙しい日常の中で現実の波にのまれ(よく言えば社会に適応し)、夢や情熱などは忘れた大人になってしまう。

私などは、幸か不幸か、日常に追われずに日々を送ることができているせいか、未だに中高生レベルの夢やら大志やらにどっぷり浸かった生活を送っており、そこから抜け出せないでいます。

それは言い換えれば、現実との接点が少なすぎて、年齢に相応しい現実認識能力が極度に未発達な状態にあるということなのかもしれません。

しかし、仮にそうだとしても、ギリシャ神話のパンドラの箱のメッセージにもあるように、人間は希望を失ってしまえば、あらゆる悪徳に立ち向かう力を失ってしまいます。

そうならないためにも、常に夢は持ち続けていなければならない。

それが叶うかどうかはさして問題ではないとすら思っています。

夢に向かってひたむきな努力を続ける過程そのものが肝心なのですから。

いくつになっても「夢」を見失わない大人でありたいものですね。

↑ランキング参加しています。よろしくお願いします。

もちろん夢だけでなく現実も見て生きないとね。まずは社会人にならなくては。社会人になってもなお、仕事の中に何か大きな夢を描けるかが今から不安です。

| | コメント (10)

ブラックサンダー売り切れ続出

先週のいいともの最新ワードを紹介するコーナーで「ブラックサンダー」が取り上げられていたのをご覧になった方もおられるだろうと思います。

その影響からか、ここ一週間ほどコンビニでブラックサンダーが売り切れているのを何度も見かけました。

いいともによれば、今や年間1億個以上を売り上げる人気商品となったようで、“群雄割拠”なお菓子業界の中では驚異的な大ヒットと言う他ありません。

中小お菓子メーカーにとっては、こういうヒット商品が一つでもあれば会社は存続していけるもので、ユーラク製菓にとってはまさにブラックサンダー様様状態であるのでしょう。

ビッグサンダーやらちびサンダーやら関連商品の新開発も続き、会社がいかにブラサンを頼みの綱にしているかがうかがえます。

ブラサンファンとしては、この人気がもっと広がり、一人でも多くの方にこのお菓子の魅力を知って欲しいところ。

↑ランキング参加しています。よろしくお願いします。

100円ショップの中には、ブラサン4個100円で買えるところもありますよ。

| | コメント (6)

みなとみらいにブコフ

が新規出店した模様。

ジャックモール内にツタヤがあるのをご存知の方もいるかもしれませんが、あそこに併設する形でオープンしたようです。

みなとみらいと中華街は地元の人間はめったに行かないとはよく言ったもので、私も、この二つの観光地には半年に一回行くかどうかという頻度で利用していました。

でもブックオフのオープンで今後はみなとみらいに行く機会も増えそう。

早速今週足を運び、そのままスタバで読書でもして「優雅な」時間をすごそうかと思います。

↑ランキング参加しています。よろしくお願いします。

| | コメント (4)

成功する秘訣は成功するまでやめないことだ

この言葉ご存知の方もおられるでしょう。

日本が世界に誇る偉大な経営者松下幸之助氏の残された言葉です。

これを、最近内定を貰えたfoxyさんのスレで書き込んでみたところ、説明会でこの名言を人事が口にするのを何度も聞いたというようなレスが返ってきて、氏を崇拝に近い形で尊敬している私としては内心嬉しさがこみ上げてくるのを感じました。

経営だけでなくたいていの事業は、最初から輝かしい成功をおさめることは叶わず、物事を軌道に乗せるまでは、何度も手痛い失敗を経験し打ちのめされてしまうのが通常の姿でしょう。

大事なのは、そこでどう反応するか。

最悪なのは、1度や2度失敗しただけで簡単に諦めて腐ってしまうこと。

挑戦にはリスクがつきもので、数回の失敗で挫けていては何事も達成できるはずがありません。

失敗したときには、その原因を突き止め、次の挑戦への教訓とし、再び立ち上がる勇気を持つことが肝要だと思います。

もちろん世の中には致命的なミスもあるし、どんな失敗でもしていいというものではないのはもちろんとしても、致命的でないミスは試行錯誤を経て成功へ至るための種であるのですから、おかすのを恐れてはならないどころか、おかさなければならないと言っても言いすぎではありません。

失敗にめげず、その度に何度でも立ち上がってやるという七転び八起きの大精神、これこそが物事を成功させるための第一条件であり、成功者が皆共通して持っていた資質であると言えます。

確かに、人生の時間は限られています。

全ての人が生きている間に成功を手にできるわけではないでしょう。

むしろ大半の人間は、才能や運に恵まれず、成功できずに終わってしまうのかもしれません。

それでも、本当に好きなことを熱意を持っていつまでもやりぬいた人の人生はきっと輝いているに違いありません。

今現在歴史に名を残しているような画家や音楽家、学者の中には存命中は評価されず、死後しばらく経ってようやく評価された人々が数え切れないほどいます。

彼らなどは世俗的な意味での成功は死後になってもたらされたわけで、この一事をもっても、人間いつ成功を手にするかは誰にも分からないものだと理解できます。(もっとも彼ら自身は、自らの作品や研究の価値を信じていただろうし、決して自分の人生が“失敗”であったなどとは欠片も思っていなかったでしょうが)

それに全生涯を傾けられるような何かを見つけ、それをひたすら本気で追求し続けていくような生涯を送りたいものです。

↑ランキング参加しています。よろしくお願いします。

私信:今日三田&品川オフに参加された方々お疲れさまでした。普段あまり人と話す機会のない日々を送っているので刺激的で楽しかったです。そして、銀ちゃん、カフェおごってくれてありがとう。いつか私の方からもお礼をします。

| | コメント (4)

おもしろきこともなき世をおもしろく

すみなすものは心なりけり。

この高杉晋作の有名な辞世の句は人生の真理を鋭く突いていますね。

襲いかかってくる現実がどのようなものであろうとも、それに対してどう振舞うかで人生に対する見方が全く違ってくるはず。

例えば、「働く」ことだって、ごく一部の人間を除けば、働かずに一生生き抜いていける人なんていないわけでだから、結局のところ嫌でも働かないわけにはいかない。

でも、そこでどう働くかによって、仕事は友にもなれば敵にもなる。

どうせ働かなければならないなら、少しでも面白く充実したものになるように仕事のやり方を工夫すべく努めるのが賢明というもの。

向上心と希望を胸に抱き、上を向いて生きていくのが人生なら、ふて腐れて何の夢も持たず下を向いて生きていくのも人生。

どうせ同じ人生なら、上を見て生きていく人生を選びたい。

仮に、誰かが言うように人生に何の意味もなかったとしても、少なくともその方が毎日を「おもしろく」生きていくことができると思うから。

↑ランキング参加しています。よろしくお願いします。

| | コメント (3)

「キャー」も「エー」もないテレホンショッキング

前回の記事でも書いたように、昨日のいいともゲストは(主に2ch内で)話題の田母神氏だったわけで、幸い暇だった私もリアルタイムで見ることができました。

まず特筆すべきは登場したときの客の反応でしょう。

当然番組制作者側からの指示もあってか義務的な拍手は見られたものの、それ以上の黄色い喚声などは一切無し。

ここまで静かな登場を見せたゲストはかなり珍しいのではないでしょうか。

そして、自分が監修したという自衛隊本の宣伝ポスターを紹介し、軽くお酒の話などした後、いよいよ本題に入るというところで一体どんな話題が飛び出すのだろうとwktkしながら見ていたら

田母神氏「これは、日本はいい国だっていうことを書いた。学校で皆さん反日教育受けてるでしょ。」

早速キタコレw

ヤバイと思ったタモリさんはすかさず、田母神氏の苗字が珍しいと指摘し話題を逸らす。

その後もユニークな名詞や講演の予定がつまっている件など当たり障りのない、いいともらしい話題が続き無事CMへ。

100分の1の質問では「私が首になったのは日本がいい国だという論文を書いたからだ…」などと語り出し再び不穏な空気が流れ、どんな質問内容が来るのだろうと思っていたら「それではその論文の全文を読んだ人はどれだけいるのか」と続く。

「流石にそれはいないだろw」みたいに思いながら見ていたら驚くべきことに2人も読んだ人がいたみたい。

最後友達紹介で、また政治的な人物が続くのかと思ってたらどこで知り合ったのかベイスターズの大魔神が紹介され、やっといつもの流れに戻った感があります。

今回放送中に2chの実況板を見ていたら、予想通りの盛り上がりで2分で1スレを消化するのではないかというほどの勢いでスレが進行していました。

会場の白けっぷりとネットの異常なまでの熱気、この差にリアルと2chとの感覚の違いを見たような気がしましたね。

結局のところテレホン“ショッキング”だったのはネット住人に対してだけだったという。

それにしても、田母神氏は向こう半年間は毎日のように講演予定で埋まっていると話していましたが、TV出演に講演、そして本の出版で現役時代の数倍は稼げているに違いありません。

仕事を首になってむしろ(少なくとも金銭的には)成功してしまうとは人生万事塞翁が馬の好例であって何とも皮肉な話ではあります。

↑ランキング参加しています。よろしくお願いします。

| | コメント (3)

まさにテレホン“ショッキング”

今日昼にいいとも見てたらテレホンショッキングのゲストが石原都知事で、友達誰を呼ぶのだろうと色々予想しながら見ていたら田母神さんでワロタ。

一時期芸人並にテレビに出まくっていたとは言え、出演時の話題と言えば国防や歴史など政治的なものが主でした。

でもそうしたお堅い話題が、いいともの雰囲気に相応しいとはとても思えません。

今回は政治色の少ない日常生活に関する当たり障りのない話でもするのか、あるいはいつも通り、日本の国防のあるべき姿を熱く語ってしまうのか、今から楽しみです。

それにしても、氏の友達として誰が紹介されるのかも気になって仕方がない…。

↑ランキング参加しています。よろしくお願いします。

| | コメント (5)

生きていくための手段だとは言っても

「働く意味が分からない」昔テレビを見ていたら、とあるニートの若者がそんなセリフを口にしていました。

これは、発展途上国の貧しい人々の前でしようものなら嘲笑を通り越して激しい怒りを招いてもおかしくない悠長な発言であって、ある面では、恵まれた環境で育った人間の末期的な症状であるとも言えそうです。

確かに、仕事は結局のところ生計を立てるためにはどうしてもしなければならないものであり、意味も理由もあったものか、と言ってしまえばそれまでで、それ以上でも以下でもないのかもしれません。

それでも、人生の大半を仕事に費やす以上は、ただ単に義務感だけで嫌々仕事を続けていくのは耐え難いものだし、豊かな人生とは程遠いでしょう。

どうせ仕事をしなければならないのなら、嫌々ではなく、何らかの意義を感じながら仕事をし、日々充実感を得ていきたいものです。

ここで問題なのはどのような姿勢で仕事に取り組むのが理想なのか。その答えを知るための一助として明日ワタミ会長渡邉氏の講演を聞きに行ってきます。

渡邉氏は私が最も尊敬する経営者のうちの一人なので生で話を聞くのが今から楽しみですね。

↑ランキング参加しています。よろしくお願いします。

| | コメント (5)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »