« 男子校だからいない歴年齢というのは本当か | トップページ | 早寝早起きは社会人なるにあたってのネック »

高井山ならぬ高尾山に登ってきました

高井山と聞いてピンと来る人とは親友になれそうな気がします。

そう、ドラえもんの中に登場する高井山とは、東京都に残るオアシス高尾山の、作中でのパロディ地名であって、鉄人兵団を鏡面世界へと誘い込むために高井山にある湖を用いたエピソードはファンの間では有名です。

私が昔高尾山の存在を知ったのも、ドラえもんを通してであったように思えます。

ドラえもんを知らなければ、おそらく高尾山の存在は、その後ミシュランガイドブックで取り上げられたとは言っても記憶に残りはしなかったであろうし、今回友人とGWの行き先を相談したときに、真っ先にその単語が思い浮かびはしなかったでしょう。

実際私は、行き先の希望地に「高尾山」と答えたときに、ドラえもんとのび太が山で楽しそうにピクニックしている姿が思い浮かんでいたのでした。

そんなドラえもん効果もあって、本日は高校時代の友人(社会人、と但し書きするのも最早野暮というものかもしれません)と高尾山にピクニックに行ってきました。

京王線で高尾山麓の高尾山口駅に到着し、ちょうどお昼時となったので、雰囲気のいいいかにも日本の古民家といった外観のそば屋でとろろそばを食べ、登山に備え腹ごしらえを済ませました。

その後早速登山に取りかかる。

ケーブルカーが通ってはいましたが、往復900円という運賃納得できなかったからでは決してなく、単に情緒が無いと思ったのと、歩いても1時間強しかかからないという点を考えしっかりと歩いて上まで登ることに決めました。

定番の表参道を通る1号路を通り頂上を目指しました。

GWなのもあり相当な人手を覚悟していたけれど、実際はそれほどでもなく、他の登山客のために通行が妨げられるような場所はほぼ皆無でした。

途中都心から電車で1時間とは思えないほどの豊かな自然を満喫しながら1時間ほどで早くもケーブルカーの駅が見えてくる。

そこから頂上までは15分もかからない程度で思ったよりも気楽に頂上に達してしまいました。

途中多少傾斜の急な場所もありますが、それほどキツさは感じずに上まで歩き通せました。

内輪話で恐縮ですが、うちの大学に毎日、相鉄最寄り駅から急峻な傾斜に耐え通学している方であれば、高尾山の登山は割合困難を感じずにやり遂げられるのではないでしょうか。

それはともかく、今回残念だったのは、天気が曇りで、頂上からあまり遠方まで見渡せなかったことですね。

快晴であれば、富士山なども綺麗に見えていたに違いありません。

それはまた、次の機会の楽しみに取っておこうと思います。

それにしても、都心から1時間で行ける場所にこれほど自然豊かで長閑な場所が残っているとは。

ここは国民の、いえ世界の財産として後世まで美しい姿を残していかなければなりません。

Long live Mt.Takao!

|

« 男子校だからいない歴年齢というのは本当か | トップページ | 早寝早起きは社会人なるにあたってのネック »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

公務員の勉強は?
あんなん余裕ってことか

投稿: うい | 2011年5月 8日 (日) 01時48分

公務員の勉強なんてやるわけねえだろ

投稿: ねこ | 2011年5月 9日 (月) 00時04分

英語や社会、理科など所謂高校までの主要5科目も公務員の教養試験の範囲に含まれていますし…

投稿: 読書くん | 2011年5月10日 (火) 01時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 男子校だからいない歴年齢というのは本当か | トップページ | 早寝早起きは社会人なるにあたってのネック »