« 高井山ならぬ高尾山に登ってきました | トップページ | ブックオフの目玉100円コーナーに変化が… »

早寝早起きは社会人なるにあたってのネック

社会人になるにあたって越えなければならない障害は多々あるものの、そのうち特に厳しく感じるもの、それは早寝早起きの習慣を見につけなければならない点です。

早寝でなくとも早起きでありさえすれば問題はないわけですが、私の場合は、最低6時間は寝ないとなかなか目が覚めないのもあり、週5で出勤するためには実質早寝を強いられるのが実情となってきます。

朝7時に起床となると、平均夜の12時過ぎには就寝しなければならない、その事実を思うと、いかに社会人になるのが難業であるかを思い知らされます。

それも、学生とは違って、1回でも遅刻をすればイエローカード、数回重なれば規約違反で首になってもおかしくはありません。

私の生活スタイルは、深夜3~4時頃に就寝し昼前に起床というのが基本で、何か用事でもなければ朝8時前に起きる日は非常に稀。

無理やり朝からバイト入れて生活パターンを改善しようと試みたこともありましたが、夜なかなか寝付けず、結局毎日寝不足のまま、かろうじて遅れずに出勤するのが関の山でした。

社会人になっても、そのように一杯一杯の日々を送るようになるかもしれません。

今は、深夜以外は原則立ち上げないようにしているPCも、社会人になったら、勉強や読書との両立を考えるなら、時間を前倒しかつ短縮し、夜11時以降は寝る準備にまわさなければならなくなるでしょう。

出勤時間の無意味さを考えると、可能であれば、繁忙期の高級官僚のように、週3日ぐらい会社に寝泊りできれば時間に大分余裕が生まれるのに、と思ったりもします。

しかし、現実問題、自分の仕事終わったからと言って社内で深夜まで本読んだり勉強してる同僚がいては周りの士気にも関わってくるでしょうし、それが許されるとは思えません。

歳取れば取るほど、睡眠時間が短くなっていくとも聞きますから、私も体質がそのように変化していくのを祈りたいところです。

|

« 高井山ならぬ高尾山に登ってきました | トップページ | ブックオフの目玉100円コーナーに変化が… »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

学生時代は一限を出席講義出ず23時以降に登校していた早起きが大嫌いな私も仕事で起きれるようになりましたよ。

やはり金を得るのは大きいですしある程度好きな仕事ですしね。

そのかわり休日は反動で昼2時位まで寝ていますね。

面接では休日の過ごし方何てよく聞かれることですが眠ってダラダラするのが1番ですね

投稿: ジーニアス | 2011年5月10日 (火) 08時00分

世の中舐めすぎ、内定の一つんも貰ってから言えよ

投稿: | 2011年5月10日 (火) 09時37分

仕事によって活動時間がまちまちでしょうが
社会人のマナーとか言って
残業したり、仕事の時間より早く会社に
行かなくてはならなかったり、
社会人になったとしても
生活のリズムが改善されるとは言えないと
思います。

投稿: Mr.T | 2011年5月10日 (火) 12時46分

生活サイクルを前に倒して
さっさと寝れば良いだけの話じゃないか

夜中3時まで起きて昼過ぎに起きる生活を続けたいのなら人生なめ過ぎ。

投稿: | 2011年5月10日 (火) 19時38分

就職活動についてはどうですか?
非常に厳しいご時勢だし7月までに目処が付かないと
フリーターになるしかなくなると思うけど。

投稿: | 2011年5月10日 (火) 20時36分

ど、読書さん?もう28やで!?

投稿: ペロペロ侍 | 2011年5月10日 (火) 23時43分

自分もそうなんですが、PCを深夜に立ち上げるのは、よほどやらなきゃいけないことがない限りは避けた方がいいでしょう。
30分だけのつもりが、3時間4時間に…
昼間やってる方がまだいいです。

投稿: GEN-KEY | 2011年5月11日 (水) 17時03分

繁忙期の高級官僚にあこがれるなら
国家公務員試験を受ければいいのではないでしょうか
年齢制限もまだ間に合いますよ
国1といっても合格するだけならそれほど難しい試験ではありませんし、
横国で10年間学んできた教養と経済学の専門知識を生かせば十分に合格できるはずです
官庁訪問も人気のない省庁を狙っていけばどうにかなるのではないでしょうか?
少なくとも挑戦しなければ合格するはずもないので
ぜひ来年チャレンジしてみてはいかがでしょうか

投稿: u | 2011年5月12日 (木) 14時42分

たぶんこの人はなんにも決断できないと思う。このブログも忙しくなったなどと言って自然消滅するでしょう。

投稿: 読書さん | 2011年5月12日 (木) 19時23分

>ジーニアスさん
社会人になると平日は嫌でも朝起きられるようになるという話はよく聞かされます。そしてその埋め合わせのために土日に長い睡眠を取るというのも。
人間には適応力があって、そういう環境に身を置いてみるのが一番なのかもしれません。

>名無しさん
それを言っちゃ(ry

>Mr.Tさん
社会人の何が恐ろしいかと言って、どれだけ残業しようとも次の日は朝早く出勤しなければならない点ですよ。甘えは許されないとは言え、社会の厳しさを思い知らされる事実です。

投稿: 読書くん | 2011年5月15日 (日) 02時02分

>名無しさん
まあそうなのですが、朝方になるまでなかなか眠くならないのも事実でして。ただ社会人なって、朝起きるようになれば、夜になったら疲れてもう10時頃寝るようになっているかもしれません。

>名無しさん
厳しいですが、まあタウンワーク求人だとか、面接一回で決まる企業なども受けていくしかなさそうです。

>ペロペロ侍さん
時が経つのは速いものです…。

投稿: 読書くん | 2011年5月15日 (日) 02時05分

>GEN-KEYさん
それは全くその通りです。こんな時間にPCやってる場合じゃないですね…私は昼間はPC原則弄らないようにしていますが、夜使うにしてももう少し時間を早めていかないと…。

>uさん
公務員も30までは形式上はチャンスがありますので、上限までは挑戦し続けていきたいと考えています。もちろん先延ばしは最悪の選択で、できるだけ早い年に合格すべく努めなければならないのは当然ですが。あと、高級官僚に憧れはするものの、現状を考えると、まずは人並みの仕事をこなせるように努めるのが先決だと思うし、社会人になっても、職場に迷惑をかける存在にはならないよう気をつけねばと思ってます。

>読書さん
少なくともブログだけは続けるのではないかと。

投稿: 読書くん | 2011年5月15日 (日) 02時14分

寝たいだけ寝てそれで活動するとその合計時間が24時間を超えるのが不思議です。人間の適応力とは…
そうして着実に夜型に近付いてある時間帯に落ち着きますね。
普通に考えれば『普通→夜型→昼夜逆転→早寝早起き→普通』といった風に推移するように思われますが、どこかの時間帯に落ち着いて結局24時間リズムで過ごせるので、その推移というのは回避性の行動の一種だと考えます。
大学生などでイヤホン率などとの相関を調べてみると面白そうです。朝一講義の再々々履修が目に痛いです><

投稿: 悠久の人 | 2011年5月15日 (日) 21時14分

おまえ社会人になんてなれないから安心しろ。クソ人間。

投稿: | 2011年5月17日 (火) 01時43分

>悠久の人さん
元々人間の自然な生活リズムは夜型なんじゃないかと思えてなりません。それほど、昼夜逆転の生活は見にしみてしまっているし、用事があっても朝起きるのはきつすぎる。1限に必修は学生に留年するよう勧めているような被害妄想すら抱いてしまいます。

>名無しさん
それは時間が証明してくれるというもの

投稿: 読書くん | 2011年5月22日 (日) 01時27分

お久しぶりです。08就職活動では楽しかったです
卒業2ヶ月でブラック派遣を解雇、ひきこもり、ひきこもりリハビリ、ユニクロ&配達バイト、事故入院、歩行訓練リハビリ、職業訓練学校といろいろありました

先月、介護医療用品メーカーに合格し中途で働いてます。希望の職種、希望の規模に合格するまで3年、96社もかかりました

現在は3交代でライン工、立ちっぱなしと何かと大変ですが職場の人たちと楽しく過ごしています


生活リズムは・・・給料を手にしてから感覚も生き方も何もかも変わります。自分で稼ぐ楽しさがあります
自分の収入を確保すると責任感とか自力で何とかするといった感情が芽生えてきます
それで起きられますよ

休日はリズムを崩したくないので同じくらいに起きて遊んでます。車磨いたり野鳥撮影してコンテストに出品したり

段々とお金を稼ぐことに集中するとアニメやゲームから距離を置き始めるようになります
現実は厳しい、ですが現実で沢山汗をかいたからこそ良い夢を見れるようになりました

読書さんも頑張ってください
応援してます

投稿: じょにそ | 2011年5月22日 (日) 23時58分

お久しぶりです。
この4年間で随分波乱万丈の日々を送られてきたのですね…。
それにしても正社員になるまでに3年で100社近くも受けたとは、その労力を想像しただけで過酷さが伝わってきます。
社会人になると自然と昼夜逆転生活も改善され、まともな生活送れるようになるとよく聞かされますが、人間その環境に適応していくものなのでしょうか。
私はこの先かなり厳しい状況が続くと思いますが、何とかできる範囲でやっていくつもりです。
お互いこの先頑張っていきましょう。

投稿: 読書くん | 2011年5月27日 (金) 01時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高井山ならぬ高尾山に登ってきました | トップページ | ブックオフの目玉100円コーナーに変化が… »