« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

いよいよ厳しい暑さが到来

今週は、震災以来初めて都心の方に公務員試験のためにおもむいたり、暑さのせいか睡眠時間が短かったりで疲れがたまっていたところに本日のうだるようなこの暑さ。

ますます寝苦しい日々が続き、体力を奪われてしまうような気がしてなりません。

予定がない日であっても、できるだけ朝早く起きるように心がけるのも、暑さ対策の一つとして有効であるはずなので、その点も実践していきたいところです。

公務員国家Ⅱ種試験、ボロクソかと思いながらも、受けるだけ受けてみようと試しに受験してみたら教養31/45専門18/40と予想以上の出来で、まあ、まぐれ当たりも相当数あったとはいえ、あと数問でボーダーに達する点数だったと知り、自分でも驚かされたというのが正直な感想でもありました。

確かに、筆記だけは、最低限の学力があれば、勉強さえすれば誰でも受かる試験だと言われているのは本当なのかもしれません。

しかし、問題は面接です。

昨今は人物重視だのというありがたくない傾向によって、かつてはコミュ障・社会不適合者の受け皿として機能していた公務員試験も、対人能力がヤバい人間は一発で落ちるようになっているようで、自治体によっては、面接を複数回実施したりGWを選考に含めたりと非リア包囲網は着実に張り巡らされています。

ただ、それでも民間企業に比べれば、公務員の面接が緩いのは間違いなく、私の年齢を考えれば、最後の砦ともなりうるのかもしれません。

もちろん、フリーターになる道は何としても避けなければなりませんが、仮にそうなったとしても公務員は29までは形式上は希望がある。

万一の場合は、来年もう一度リベンジしてみようと、今回試験を受けて思わされました。

まあ、今はそうならないように、民間も含め職探しに努めなければなりませんが…。

| | コメント (8)

TOEIC申し込んできた

別に今さら就職に役立てようとかそういう魂胆は一切、と言えば嘘になるが、ほとんどない。

単に伊藤和夫氏の本を半年ほど前にふとしたきっかけで読み返し、英語熱が再燃したのと、ヨハネの福音書の音読とリスニングをずっと続けてきたのもあり、力試しにここらで受験してみるのも面白いと思っただけである。

ただ、もちろん受ける以上は、ベストを尽くさなければならず、最低でも600点以上は取得したいところだ。

来月の本番までに、できるだけ多くの英文に触れておくに如くはないと思い、昔買って、放置したままだったテキストを引っ張ってきて、読み返してみたりしている。

その一冊が速読速聴英単語シリーズcore編(レベル的には速読英単語の必修と難関の中間程度か)であり、昔は難解で意味を取るのでさえやっとであった英文が、今では単語の意味を推測しながら割合すんなりと読めて、多少は進歩しているのだと実感する。

ただ、エコノミストやTIMEレベルのadvance編になると、これはまだ訳文と対照してようやく意味が理解できる程度で、一読しての理解には程遠い。

自分はまだこの英文を読みこなすレベルには達していないと判断し、素直に基礎固めのためにもcore編レベルの英文を読みこなしていこうと思う。

高踏趣味は大学受験でも失敗する王道パターンであるし、確固とした基礎の上に初めて応用力は身につくものであるから、ここは慌てずに歩んで行きたい。

ところで、TOEICの開始時間は昼過ぎからでありそれは私にとってGJとしか言いようがない。

受験料の高さを考えれば、寝過ごすにはあまりにも勿体無く、何としても受験しなければならない。

もちろん、朝から試験が始まるのであっても受けなければならないのは当然だとしても、昼過ぎであれば、それだけ寝坊のリスクが減るのもまた事実である。

来月のテストは、流石に確実と受験できるであろう。

あとは、不測の事態に備え、会場に1時間前に到着すべく努めることか…。

| | コメント (4)

例の「歴史的」イベント

何か今日例の総選挙終了したみたいですね。

これまで、akb自体にほとんど興味がもてず、総選挙の仕組みや意義も全く知らずにきましたが、今年はスレでその話題がされていたのもあり、そのイベントの存在程度は知ることができました。

何と言うか、今回のこの選挙騒動を見ていて感心したのは、「選挙商法」とでも言うべき製作側のあまりにも巧みな商才に対してでした。

まず選挙の投票権が新曲CDの購入によって獲得できるため、ファンは挙って大量購入。

ネタかホントか、ネットでは1人で5000枚も買い占めたファンがいたんだとか…。

それは極端すぎるとしても、アイドルファンの行動パターンを考えれば、1人で数十枚~数百枚は購入して、応援するアイドルの順位上昇に貢献しようと躍起になってもおかしくはありません。

地下アイドルのイベントですら、複数枚CDを購入するファンは珍しくないと聞きますから、国民的アイドルともなれば、ファンが費やす金銭と熱意も常軌を逸したものになるのも容易に想像可能です。

ここでさらににくい演出だと思ったのは、速報という形で投票の途中結果を公表してみせたこと。

当然そうなれば、ファンの投票意欲は大いに煽られるでしょうし、実際それを見て大量投票を決断した人も少なくはなかったでしょう。

それも初期の段階で公表することにより、その時点で下位に位置する候補であっても、まだ挽回可能で捨て票にはならないという期待を抱かせることができる。

そして、その販売戦略が見事に奏功して(?)、シングルCD発売初週で史上最高記録という「歴史的快挙」を達成。

極めつけが本日の総選挙開票イベント。

武道館で開催し、その様子を各地の映画館で生放送し、入場料を稼げるだけ稼ぐ。

投票から開票までこれほど巧みな商戦を仕掛けたしたたかさは相当なものがあるし、利潤の最大化という資本主義の行動原理から言えば、これほど理にかなった行動はなかなか見られるものではないのかもしれません。

こうしたやり方に眉をしかめる方も少なからずいるとは思いますが、私自身は、アイドル稼業も商売である以上は、できるだけ儲けが大きくなるようなやり方を採用するのは当然だとすら考えています。

だから、今回の選挙を見て、単に感心させられたというのが正直な感想で、別にそれを批判しようとは毛頭思っていません。

ただ、CDの売上げ記録に関してだけは、これを果たして音楽の業績として歴史に残していいものだろうかという疑問はありますが…。

| | コメント (4)

流行りのスマホに機種変してきた

最近は電車内でスマホをいじる人の姿を目にする機会が増えてきています。

それも若い人だけでなく、おじさんや時にはおじいさんおばあさん世代の方がタッチパネルと格闘してる姿を見かけることもしばしば。

もっとも、彼らの多くは、積極的にスマホを望んで変更したわけではなく、徐々に旧機種のシェアが減りスマホにとって代わられている中で何となくそうしたというに過ぎないのかもしれません。

私がスマホに変えた理由も、それほど積極的なものではなく、ガンガン学割を適用すれば、基本料金だけでなく、パケット定額料金も500円安くなり、旧機種の料金体系とそれほど違わない計算となり、かつ、先月の中旬より、スマホ各種がいっせいに大幅値下げされたのもあり、この機会に変えておこうと思った次第です。

ガンガン学割の受付期間が先月末までだったので、まさにそのギリギリの31日にショップに行き、IS06に切り替えてきたのでした。

この機種は、赤外線やおさいふケータイが使えなかったりで、あまり人気のない機種だったようで、毎月割を適用した後の実質本体価格が、他のは2万はしていたのに対して、これだけは4500円という投売りに近い価格設定。

今月のauカタログからも姿を消してしまっており、もう後は在庫をさばくだけの状態なのかもしれません。

しかし、不人気とは言っても、決してユーザーの満足度が低いわけではなく、むしろ、ネットの利用に関して言えば、auスマホの中でもかなり快適度が高かったりと、マイノリティながらも高い評価を誇っているように見えました。

赤外線機能は、店員に聞かれたときに、一瞬躊躇いは覚えましたが、よくよく考えてみれば、年に数回しかアドレス交換しないわけで、それなら全く不便を感じずに済むではないかと気付かされたのでした。

ただ社会人になったときに、必要性が生じ、困りはしないかとも思ったものの、その時はその時でまたその別に考えればよい課題でもあります。

そんなわけで、スマホに代えて、早速家で動作を試してみたら、入力やら動画再生やらあまりに便利すぎて感動してしまいました。

フリック入力で、今までと比べて遥かに楽に入力できるようになったのが特に嬉しい。

今はまだ、アップデートの関係でEメール機能が使えないのもあり、旧機種をメインで使い、IS06は家での利用に限定されていますが、PCメールの設定やら準備を済ませ次第、こちらをメインに切り替え、スマホらしい縦横無尽の活躍ぶりを見せてもらいたいところですね。

| | コメント (6)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »