« いよいよ厳しい暑さが到来 | トップページ | 悪酔いはしても二日酔いはnonnonnon »

数年前のユニクロならば

ユニクロの服は、確かに安くて品質もよい。

オシャレというわけではないけれど、無難な服を着用したいと思うなら、ここの服だけで十分目的は達せられるというものです。

しかし、デメリットをあげるとすれば、街中でかぶりやすいこと。

ユニを着て被るのを心配するのは、最早同じ色と形のオールスターを履いている人を見てショックを受けるのと同じぐらい無意味だと理屈では分かっていても、できればかぶりたくないというのも人間の心理。

私もそのタイプなので、無地のもの以外はあまり身につけないようにしてきました。

しかし、例外もあって、デザイン物のユニでも進んで着用するものがあります。

それは昨年までに買った夏服です。

数年前に買ったポロシャツをちょうど今も着ていますが、流石にそれだけの期間暖めれば、街中でかぶる心配はまずありません。

他人からユニだと見破られる可能性も低く、堂々と外出できる。

数年経っても、流行りの関係で着るのが躊躇われることもなく、重宝しています。

まあ、基本は無地の白シャツですが、何か活動的な用事があるときは「ポロ充」になって出かけるのも一興というものですね。

|

« いよいよ厳しい暑さが到来 | トップページ | 悪酔いはしても二日酔いはnonnonnon »

コメント

僕は大学一年生の頃に、ユニクロで買った真っピンクの下地に真っ赤なハートが書かれた、今考えると何で買ったのか意味が分からない派手なデザインTシャツが、大学内で他人と思いっきり被った時はその場で脱ぎ捨ててしまおうかと思いましたね。

投稿: ペロペロ侍 | 2011年7月 4日 (月) 23時29分

ユニクロには珍しいど派手なデザインですねw
しかも、それがかぶるなんて。
最近のユニTはコラボものばかりで、もっと昔のように普通のも置いてほしいと思ってしまいます。

投稿: 読書くん | 2011年7月 6日 (水) 23時40分

周りの人が同じユニクロを着ているということよりも、
周りの同年代の人がみなスーツを着て仕事しているという事実に目を向けてみてはいかがでしょうか

投稿: | 2011年7月 8日 (金) 16時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いよいよ厳しい暑さが到来 | トップページ | 悪酔いはしても二日酔いはnonnonnon »