« 感性の衰えとヒットチャート | トップページ | 将来の住み家はプレハブ住宅という選択 »

昨日一日の出来事

昨日は、毎月一度はあるカラオケ店歌広場の半額デーでした。

そこで、割引や値引きに目のない私としては、利用しない手はないとばかり、夕方から一時間だけヒトカラを楽しんできました。

このカラオケ店は19時までは平日料金で30分100円で利用できるため、昨日は一時間利用しても100円という驚きの値段。

読書とネットを除けばこれほど安く遊べる施設はめったに見つかりそうにない。

そして、カラオケを終えた後は、近くのマックでドリンクとジューシーチキンを一本頼み200円支払い21時過ぎまで本を読み居座る。

それから、伊勢佐木モールのブックオフに寄って6冊ほど本を買い込みました。

岩波文庫のホメロス『イリアス』(上)(下)巻が両方とも100円コーナーに置いてあるのを見つけて、この作品に登場する英雄豪傑よろしく内心歓喜と鬨の声をあげながら手に取りました。

こうして昨日の出来事を並べ立てて何が言いたいかと言えば、世の中金のかからない遊びは探せば色々あるものであって、仮に貧乏暮らしを強いられたとしても、健康でありさえすれば、そう悲嘆するには及ばないのではないか、ということなのです。

そりゃ、今日一日の糧を得るのに精一杯、というほどの困窮した生活は送りたくないものですが、生活必需品を除いた可処分所得が数万もあれば、それなりに楽しい生活を送れるに違いない。

私は恐らく、社会人になっても、仕事を終えた後、カフェやらマックやらに行き、本を読むような生活を続けているような気がしてならないのです。

その程度の生活を送るためには、多少安月給だろうと、問題はない。

ただ、懸念すべきは、そうした「安月給」ですら得られる立場になれるだろうかという点であって、このラインは何としても超えていかなければならないと感じています。

崖っぷちに立たされ、後がねえ状態だってのに、10年後の自分を想像するとすげぇワクワクしてくるから不思議なものです。

|

« 感性の衰えとヒットチャート | トップページ | 将来の住み家はプレハブ住宅という選択 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

もう書評家(笑)になれば?

投稿: | 2011年8月 4日 (木) 07時33分

最近、面接など就活していますか?どうもそのようには見えませんが。


安月給や人間関係が嫌なら自営になればイイけれど難しい

投稿: ジーニアス | 2011年8月 4日 (木) 12時23分

漫画喫茶のナイトパックも一時間あたり100円ほどで安いですね。
行ってみたいのですが機会がなかなか無いです。

投稿: | 2011年8月 4日 (木) 23時43分

公務員試験の勉強ははかどってる?

投稿: あいがく! | 2011年8月 5日 (金) 15時27分

>名無しさん
理想を言えば、安っぽいネット記事でも書いて生計を立てていきたいとは思いますが、そうするには文章力が欠けているのは否めません。

>ジーニアスさん
民間企業はもう半ば諦め状態にあります。
自営は憧れるし、それで生きていけるなら、安月給でも我慢できると思いますね。少なくとも組織の中で人間関係に悩まされながら仕事するよりは…。

>名無しさん
ナイトパックも、終電逃したときや小旅行のときには便利かもしれません。私も最近は全く使う機会がありませんが。

>あいがくさん
警察刑務官あたりの筆記だけでも受かりたいものです…。

投稿: 読書くん | 2011年8月 5日 (金) 21時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 感性の衰えとヒットチャート | トップページ | 将来の住み家はプレハブ住宅という選択 »