超人サンダーボルト

熱帯の風雲児ボルト選手が偉業を成し遂げたニュースは皆さん既にご存知であると思います。100m走で世界記録の金メダルを獲得したのに続き、200m走でもB.J.以来破られていなかった世界記録を更新し金メダルを獲得しました。あと100年は破られないだろうとも言われていた記録がこうもあっさりと更新されてしまったのです。

ボルト選手の祖国ジャマイカは人口300万人にも満たない小国だとのことです。それでいて、陸上競技の決勝に数多くの選手を送り込んでいるのですから、国民の平均的な身体能力の高さが窺えようというものです。また、アメリカ代表の選手であっても、ジャマイカからの移民であるケースもあるわけで、そうしたものも含めると一体どれほどのジャマイカ出身の選手が世界で活躍しているのか気になるところではあります。

ジャマイカといえば思い出すのは映画『クールランニング』。これは、ジャマイカの選手がボブスレーの競技でオリンピック出場を果たした事実を元にして制作されたスポーツ映画で、とても面白いので観たことのない方は観てみるとよいかもしれません。しかし、出場はしても結果はあまり芳しくありません。熱帯国から冬の競技に参加するだけでも当然意義があるとはいえ、やはり国によって得意なスポーツとそうでないスポーツがあるのは否めません。ジャマイカ選手が本領を発揮できるのは何といっても陸上系の競技だと言えましょう。陸上選手の大半が黒人選手で占められている現実を見ると、人種によって特定の面での身体能力の差があるようにも思えてなりません。日本人が100mを10秒切って走れる日は果たしてくるのでしょうか。

ボルト選手が競技後に踊っていた不思議なダンスが印象的でした。あのダンスはジャマイカの伝統的なそれなのでしょうか。今回の功績によって、日本でもボルト&ジャマイカ旋風が起こり、是非いつの日か来日し、その走りを見せてほしいものです。

ドーピング検査が陰性であるように心から祈ります。

| | コメント (0)

スタジアムは誰のホーム?

阪神タイガーズに早くもマジックが点灯したとの記事に先ほど接しました。関西とは特に接点はないながらもなぜか10年近く阪神ファンを続けている私としては嬉しい限りです。よほどの逆転劇がなければおそらくこのまま阪神の優勝が決まり再度関西地方が沸き立つに違いありません。

さてご存知のように、横浜には関内駅より歩いて5分ほどのところに横浜スタジアムがあり、横浜ベイスターズのホームとなっています。非常に残念ながら今現在成績の奮わないベイスターズ戦はスタジアムですらほとんど観客が入らずガラガラ試合の状態が続いています。(大生板では横浜高校の試合の方がベイスターズ戦よりも観客動員数が多いなどと皮肉られていましたが^^;)それでも、今や記憶が薄れかけてきているベイスターズ全盛期には活況を呈していたものでした。例えどれだけ弱くても決して地元民に見捨てられないタイガースほどは愛着を持たれていないのかもしれません。

そんな中で現在でもスタジアムの試合が盛り上がるほとんど唯一とも言える例外があります。それが対阪神戦です。と言っても、阪神戦のときにベイスターズファンがこぞって観戦に行くわけでは決してなくその逆、つまり阪神ファンがスタジアムに結集するために熱気に満ちた試合になるのです。

私もこれまで何度かスタジアムに阪神戦を観戦しに行きました。阪神ファンなので阪神側外野応援席で応援しようと思いスタジアムに足を運ぶわけですが、時間ギリギリに行ったこれまでの試合では、阪神側応援席をとれたためしがありませんでした。仕方がないのでベイスターズ側応援席で観戦していたわけです。地元横浜での試合だというのに相手側チームである阪神側から先にチケットが売り切れてしまう悲劇。

スタジアムの中に入ってからも「カルチャーショック」の連続です。阪神側応援席は言うまでも無く横浜側応援席も阪神応援席に近い方の席は阪神ファンで埋め尽くされていました。それだけならまだしも、一応は敵側応援席にいるにも関わらず、阪神ファンは平気でヤジや罵声を飛ばしていて流石に阪神ファンの私も少し引いてしまいましたね。今でも私の記憶に残っているのは、関西から出張に来たという熱狂的阪神ファンで、関西弁のヤジが凄かったのはもちろん、試合が終わった後も、スタジアム外の公園で催されていたプチ祝賀会のようなファン集会を見つけた瞬間嬉しそうに奇声をあげながらそちらの方に駆けつけていってしまいました。彼を見たときに、関西人にとって本当に阪神タイガースは特別な、単なる一野球チーム以上の存在なのかもしれないなと実感しました。

阪神ファンとしてはやはり一度は本場甲子園での阪神戦を体験してみたいという思いがあります。上の「虎キチ」が、近くにいたおそらく私と同じ関東在住阪神ファンに語っていたところでは、甲子園の熱気はスタジアムの比ではないということでした。スタジアムですら私は阪神ファンの熱気に思わず圧倒されそうになってしまったというのに、それ以上とは果たしてどのようなものか想像するのも難しいところです。いつか阪神戦が最も盛り上がっている辺りの時期に甲子園に遊びに行ってみたいですね。

↑ありがとうございます。投票してくださると励みになります。

横浜市民のベイスターズファン率は低いと言われるものの、何だかんだで小学校の頃など思い出すと半数ぐらいはベイスターズファンだったような…。

| | コメント (4)

世間はワールドカップで盛り上がっていますが

一ヶ月ほど前に書き、そのまま放置していた記事を発見しました。
幸いまだワールドカップは終わっていないので、公開してみたいと思います。
977名前: 読書くん ◆syB2oUkKNs 投稿日: 2006/06/10(土) 00:49:40
私もスポーツにはあまり興味がないので、自分から進んでワールドカップを観ようとは思いませんね。
ただ、今世間はワールドカップ一色に染まっている現実があるのは事実で、中には、周りの話題に合わせるために、意に反して無理に、テレビで試合を観戦する方々もいるかもしれません。
その点、ぼっちはその気苦労がないわけですから、観たければ観る、そうでなければ観ない、という自分に忠実な生活を送れるわけです。
そういう意味では、ぼっちこそが勝ち組だと私は思いました。
 
世間ではワールドカップの話題で持ちきりです。
私は前回の時もそうでしたが、それほど熱心に観ていたわけではなかったので、電車の中などで、周りがワールドカップの話で盛り上がっているのを聞いていても、ほとんど内容が理解できないでいました。
それでも救いは、上記のレスでも書いたように、私には友達が少ないので、その話題を振られる機会がほぼ皆無で、別に知らなくても苦労はしなかったことでしょうか。
大学に沢山知り合いのいる普通の大学生であれば、たとえ興味を感じなかったとしても、話題を合わせるためにしぶしぶ観戦していた学生もきっといたし、今回もいるはずだと思います。
それを思えば、その苦労がないのは、ぼっち学生の特権の一つだ、と苦しい自己正当化を行ってみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初戦敗退!

今日は、当然のことながら、到るところで昨日の試合の話題で盛り上がっていました。

その話に耳を傾けていたら、2ちゃんねるでいう所謂「リア充」な方々は大体誰かと一緒に試合を観戦していたようです。サークルに所属している方はサークルの仲間と、ゼミに所属している方はゼミの仲間と、という風に。

私はといえば、最早言うまでもなく、もちろん自宅にいて、家族と一緒に、観戦しておりました(たまに2ちゃんにも目を通しながら)。

結論から言えば、試合結果はあのように終わってしまったわけですから、一人で観ていた方のほうがショックは少なかったように思います。

人間、熱狂が高まれば高まるほど、失望も大きくなりますから。

埼玉スタジアムなどにわざわざ足を運んだ方は、期待が大きかった分、失意もそれに比例して大きかったのではないでしょうか。

今後の試合予測についてですが、周りの意見を聞いていると悲観的なそれが多いようです。ですが、私はまだ全然諦めてはいなくて、むしろここで負けておいたことは、今後の戦いに有利に作用するのではないかとすら考えています。

それと言うのも、日本は、経験的に逆境に強く、追い詰められれば追い詰められるほど、普段の以上の実力を発揮する傾向にあると思うからです。一言で言えば、戦前の「神風」のようなものを私は信じているのです。

WBCの時のような神風が今回も吹き荒れてくれることを私は切望しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワールドカップ開幕

108名前: 読書くん ◆syB2oUkKNs 投稿日: 06/06/10 20:42

待望のワールドカップがいよいよ開幕した。
私はもちろん我が日本国の世界制覇を確信している
なぜか?
確かに、個々人の選手の技能レベルをヨーロッパ強豪国のそれ比べれば、彼我の間には歴然とした差があるかもしれない。
しかし、日本国には、そんな些細な問題などはものともしない、強烈な勝因が潜んでいるからだ。
それは、今更言うまでもない・・・、偉大なる大和魂だ!
そして、その精神によって生み出される確固たる必勝の信念だ!
ヨーロッパ・南米などの選手の技能レベルが日本よりわずかに高いか何だというのだ?
そんなものは、我が日本国が持つ最大の武器―精神力の前には脆く崩れ去る運命にあるのだ!
正しき道を力強く歩む我等日本国民が有する大精神により、日本国が世の頂点に君臨する日は確実に近づいている。
そしてその瞬間は、全世界が日本精神の無敵性に開眼する記念日でもある。
私はその到来が今から楽しみでならない。

 

最近どこに行ってもワールドカップの話題で持ちきりです。

元々サッカーの好きな方は、日本戦以外の試合もTVでチェックしているようです。

でも、私は「にわか」なので、観るのは基本的に日本戦だけ。

つまり、日本が敗退した時点で、ワールドカップは観なくなってしまうかもしれないので、できれば、日本に決勝戦まで勝ち抜いていってもらい、あわよくば優勝を掴み取って欲しいと思います。

そういうことで、今はオーストラリアに勝てるように応援することにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)