神保町その2

古本街神保町の模様についてもう少し語ってみたいと思います。

神保町周辺には、何十何百という店舗が集まっているわけですが、その大部分はある特定の方向性に特化した専門店舗です。つまり、「美術」専門店、「社会科学」専門店、「軍事」専門店・・・というように、店舗ごとに置いてある本のジャンルが決まっていたりします。

そのため、自分の欲しい本を見つけるためには、あらかじめネットなりパンフレットなりを調べて、そのジャンルのお店がある場所を確認しておいた方がよいと思います。

さもないと、せっかく神保町に訪れたものの、ただ適当に街中をぶらぶらと歩き回っていただけで、結局目当ての本は見つからず、などという事態にもなりかねません。

私は、何の事前調査もなしに訪れ、気が向くままに古本屋を見て回り、10時間近くはこの場所にいましたが、それでも全体の4分の1も見られませんでした。

ただ、私にとって1つラッキーだったことは、この短時間の間に、私の好きなジャンルを専門に置いている店舗を見つけられたことです。ここには、また次に来たときも必ず足を運びたいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)