恋愛要素の薄い音楽

http://www.youtube.com/watch?v=pQDt7dP3Ksk

人は自分の未経験の事柄は理解するのが難しいものです。先日大生板を見ていたら、最近のJポップは恋愛をネタにした曲ばかりだと苦言を呈するスレがありました。それを見て、恋愛経験のない私が、自分の好きな曲のジャンルを思い返してみると、70年代以前のアニソン、軍歌(政治的意味合いはありません)、メタル(特にメロスピ)、童謡(みんなのうたなど)といったところで恋愛要素の少ないジャンルばかりでなるほどなと納得した次第です。

さて、上で貼った動画は、私の好きなメロスピバンド―BLIND GUARDIANの楽曲「指輪物語」です。これは言うまでもなく、数年前映画化されたあの20世紀を代表するFT小説を題材にとった曲であり、作品の世界観が歌詞に見事に表現されています(ちなみに一つ補足しておきますと、これはあのときのブームに便乗した曲ではなく、今から10年以上前に作られた曲です)。

この曲の他にも、このバンドは神話やFTを題材にした曲をたくさん作っています。それらは、受け付けない人には全く受け付けないだろうし、好きな人ははまり易い要素を持っているのではないでしょうか。上の曲を聴いていいと思った方ならきっと他の曲も気に入りバンドのファンになるだろうし、また昔のアニソンなどもおそらく気に入ることもあろうかと予想します。というのも、メロスピとアニソンに共通する要素があるという点はしばしば指摘されるところですから。

偏見を持たずに色々なジャンルの音楽を聴いてみると何か新しい発見があるかもしれませんね。私自身、狭いジャンルに閉じこもらず色々と聴いてみなければならないと思っていたりします。

| | コメント (4)

定番のクリスマスソング

喫茶店や居酒屋などに入ると、クリスマスソングがよくBGMでかかっているのを耳にします。

それ自体は別に何の問題もないのですが、私が気になったのは選曲のマンネリ化についてです。

毎年毎年同じ曲ばかり聴かされていると思うのは私の気のせいでしょうか?

まず、最も頻繁に耳にするのが「きっと君はこない~」の『クリスマスイヴ』です。これはもう毎年クリスマス前になると必ず聞かされますし、驚くべきことには、オリコンのヒットチャートにも毎年この時期になると姿を現します。これはもう日本を代表するクリスマスソングだと言っても間違いはないでしょう。

他によく流れているのは以下の楽曲です。

マライアキャリー『恋人たちのメリークリスマス』

ワム『ラストクリスマス』

これら三曲は定番中の定番であって、毎年何十回何百回と聞かされている気がします。これはちょっと常軌を逸した流されぶりであります。

こうして毎年何度も同じ曲ばかり繰り返し聞かされていてはそろそろ飽きかけてきている方も少なからずいるのではないでしょうか。

Jポップと洋楽に限っても、クリスマスソングの名曲は他にも多数あるはずです。

今後はもっとパターンを増やしていった方がよいのではないか、などと最近街を歩いていて思ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

付き合いのカラオケで何を歌うか

54 名前: 読書くん ◆syB2oUkKNs 投稿日: 2006/12/09(土) 17:52:23
>>41
もうアニソン歌ってしまえばいいと思いますよ。
私も人前ででも無難なアニソンであれば歌いますし。
 
カラオケで重要なのは、上手いか下手かというよりもいかに羞恥心を捨てて大声で歌えるか、でありますね。
少しぐらい音痴でも、皆思い思いの曲を歌って楽しんでいるだけなので別に不快にさせたりはないはずだと私は信じています。
 
90 名前: 読書くん ◆syB2oUkKNs 投稿日: 2006/12/10(日) 23:33:15
ガラガラのときヒトカラ行くと、やたら広い部屋に案内されることがありますよねw
部屋の広さに比例して、一人で歌う空しさが増すのでそんなに広くない部屋の方がよかったりもするのですが…。
 
 
 
カラオケを(あまり仲のよくない)人前で歌うときには、私のようにあまり人が知らないような曲ばかり好んで聴いている人間は、選曲に頭を悩ますことになります。一般的に言って、付き合いでのカラオケでメインを占めるのは所謂「Jポップ」であり、それ以外の曲を歌うのは「地雷」だと言えます。あまり自分の趣味を前面に押し出して選曲していたら周りに不快感を与えることにもなりかねません。
そうした気を使うカラオケにはできるだけ行きたくないとは思うものの、おそらく社会に出ればそうも言っていられません。気が進まないカラオケへの参加を頻繁に求められるようになるでしょう。問題はそうなったときに、Jポップを歌えない人はどのような曲を歌うべきかということです。
私の意見を言えば、付き合いのカラオケであれば、まあ一曲でも歌っておけばよいので、何でもよいので自分の好きなジャンルの曲を遠慮せずに歌えばよいと思っています。洋楽、アニソン、軍歌、童謡、応援歌…、これらはあまり歓迎されるジャンルではありませんが、慣れないJポップを音程を外しながら歌うよりは、自分の好きな曲を思いっきり歌った方が上手く歌えるし、物珍しさから盛り上がる可能性もなきにしもあらずといったところです。少なくとも私は今後やむを得ないカラオケへの参加があって、一曲だけでも歌わなければならない空気になれば、おそらく自分の好きな曲を一曲本気で歌うだろうと思います。ただこれをやると、ドン引きされ、その後二度と誘ってもらえなくなるという危険も伴う諸刃の剣でもあります。リスクを恐れる方にはお薦めできませんw。付き合いを最重視する方は無理してでもJポップを歌うのが無難な選択なのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソ連が遺した芸術

21名前: 読書くん ◆syB2oUkKNs 投稿日: 2006/05/28(日) 22:20:13
まさか大学生活板でソ連国歌の秀逸性を知っている方がおられるとは・・・。
感激の極みとはこのことです。
私は、これまでに多くの国家を聴いてきましたが、やはり、一番好きになった
のは断トツでソ連国歌でした。
その曲がいかに優れているかは、ソ連崩壊後、別のメロディーを国歌として
採用していたロシアが、国民の強い要望で、メロディーだけ旧ソ連国歌に戻した
ことに如実に表れています。
私としては、歌詞も昔の過激なものに戻してほしかったわけですが、そこまで
望むのは贅沢というものでしょう。
 
 
旧ソ連国歌を聞かれたことがあるでしょうか?
国歌好きの間では、今でも高い人気を誇っていて、それは、当のロシア国民にとっても同じだったのか、上のレスで書いたように、一時期は別の国歌を採用していたロシアも、今では旧ソ連国歌のメロディーに戻しています。
歌詞は「人民の旗、ソヴィエトの旗は我らを勝利から勝利へと導く」など、今となっては虚しい文句に過ぎませんが、曲調は、社会主義国家にありがちな軍歌調で、曲としてのカッコよさは認めざるをえません。
国歌以外にも「聖戦」「スラヴィアンカの別れ」「我等は赤き騎兵隊」など、旧ソ連関連の軍歌は名曲揃いですね。昔中学生頃に中古CD屋でたまたま見つけたナクソスのソ連軍歌集を聴いてすっかりソ連軍歌のファンとなってしまったわけですが、今でもこのCDは廃盤にならずに残っているのでしょうか?
店頭に並んでいたら、是非購入して聴いてみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)